Presentations-Kei Murakami-

2019

(27) “Catalytic aromatic functionalization toward unexplored functional molecules”
2019 International C-H Functionalization Workshop, KAIST, Korea, 2019/7/12.

(26) “有機化学が創りだす次世代機能性分子”
名大MIRAI GSC第1ステージ、名古屋大学、2019/6/8.

(25)”Catalyst-enabling aromatic functionalization ~Annulative coupling and C–H amination~”
The 2nd Hybrid Wakate Dojo、Atami, 2019/5/29.

(24)”未開拓ケミカルスペースに届く反応を目指して Development of new reaction that reach unexplored chemical space”
Reaxys Prize Club シンポジウム、日本化学会第99春季年会2019、2019/3/18.

(23)”Development of catalytic aromatic functionalization toward new π-aromatics”
若い世代の特別講演会、日本化学会第99春季年会2019、2019/3/17.

(22)“遷移金属触媒による芳香環変換と機能創出”
H30第2回有機金属若手研究者の会、大阪大学中之島センター、2019/3/15.

(21)”Development of catalytic aromatic functionalization accelerated by interdisciplinary studies”
Core-to-Core Symposium、名古屋大学、2019/2/7-8.

(20)“Catalytic aromatic functionalization inspired and accelerated by interdisciplinary studies”
Queen’s University、2019/1/11.

(19)“Catalytic aromatic functionalization inspired and accelerated by interdisciplinary studies”
University of Toronto、2019/1/10.

(18)“Catalytic aromatic functionalization inspired and accelerated by interdisciplinary studies”
University of Calgary、2019/1/8.

(17)“Catalytic aromatic functionalization inspired and accelerated by interdisciplinary studies”
The University of British Columbia、2019/1/7.

2018

(16)“芳香環官能基化によるマテリアル材料と生命分子の創出”
IoLコロキウム特別講演会、山口大、2018/12/17.

(15)“Catalytic aromatic functionalization chemistry accelerated by interdisciplinary studies”
柴崎コロキウム、微生物化学研究所、2018/11/12.

(14)”異分野交流が触発する芳香環変換化学”
島津製作所、京都、2018/11/1-2.

(13)”学際研究が加速する新たな触媒的芳香環変換化学”
第四回反有セミナー、東北大、2018/10/15.

(12)”芳香環の周辺修飾と多環骨格構築に関する反応開発と分子機能創出”(受賞講演)
丸山記念研究奨励賞受賞講演、京都、2018/4/21.

(11)”学際研究が加速する反応化学 〜芳香環コア構築とヘテロ官能基修飾〜”
純正応用化学シンポジウム、京都、2018/1/11.

2017

(10)”新しい触媒反応を用いる芳香族分子の構築と修飾”
集合有機分子機能研究会、小樽、2017/7/28.

(9)”遷移金属触媒を用いる分子の構築と修飾”
2nd Organic Chemistry Symposium, 京都、2017/2/11.

2016

(8)”学際研究が加速する新しい反応化学”
白眉秋合宿, 京都, 2016/12/9~10.

(7)”「本当に」ほしいものを作る反応方法論の開発”
第十一回有機元素化学セミナー, 京都, 2016/6/3-4.

2015
(6)“機能分子の自在修飾を指向した遷移金属触媒を用いる芳香環コアのアミノ化–Adding handles to classical functional molecules: Development of transition-metal-catalyzed amination–”
Reaxys Prize Club Luncheon Seminor, Chiba, 2015/3/28.

2014
(5)“硫黄の特性を活用した新規骨格構築反応と不活性な炭素硫黄結合の変換”
南方研若手研究者セミナー, 大阪大学, 大阪, 2014/12/20.

(4)“硫黄元素を起点とする新たな有機分子構築法の開発”
統合物質創製化学推進事業第5回若手研究会, 休暇村支笏湖(北海道), 2014/6/20-21.

(3)“硫黄を鍵元素とする新規変換反応の開発について- Development of new reactions utilizing sulfur as a key element–”
Reaxys Prize Club Symposium in Japan 2014, Nagoya, 2014/3/28.

2013
(2) “硫黄元素の特性を生かした新規有機分子構築法の創成とその展開”
新学術領域研究「反応集積化の合成化学」第3回若手合宿, 鳥取, 2013/12/21–22.

2012
(1) “Silver-Catalyzed Transmetalation between Chlorosilanes and Aryl and Alkenyl Grignard Reagents for Synthesis of Tetraorganosilanes”
244th American Chemical Society Meeting, Reaxys PhD Prize 2012 Symposium
Philadelphia, USA, 2012/8/19–20.

関連記事

  1. 2015年度学会発表
  2. Hisakazu Okamoto
  3. 次世代つなぐ「炭素のかご」:2012年8月28日中日新聞
  4. 最短カーボンナノチューブ 狙った太さに合成
  5. 名大、ビアリール化合物の合成向け次世代型クロスカップリング法を開…
  6. Publications 1995-2007
  7. ナノチューブ 太さ自在に
  8. 「かご状」炭素ナノ分子 名大が合成に成功

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

Instagram@Itami Lab

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP