ブログ

榊原 陽太

Name
Sakakibara Yota

E-mail
sakakibara.youta[at]j.mbox.nagoya-u.ac.jp

Research Interest

Photoredox Catalyst

Comment

新棟5Fで研究してます。ソフトボールが好きです。

Publication

[1] Direct Coupling of Naphthalene and Sulfonimides Promoted by DDQ and Blue Light

Chem. Lett. 2017, 46, 1014–1016. DOI: http://dx.doi.org/10.1246/cl.170321

[2] Photoredox‐Catalyzed Decarboxylative Oxidation of Arylacetic Acids

[3] Late-Stage Functionalization of Arylacetic Acids by Photoredox- Catalyzed Decarboxylative Carbon–Heteroatom Bond Formation

Recent Presentation

(1)Yota Sakakibara, Eri Ito, Phillippa Cooper, Kei Murakami, Kenichiro Itami
「Photoredox-catalyzed decarboxylative functionalization of aliphatic carboxylic acid」
International ERATO Itami Molecular Nanocarbon Symposium 2017, P-33, Japan, 2017/8/3–4 (ポスター)

(2)榊原陽太・伊藤江里・村上慧 · 伊丹健一郎
「可視光触媒を用いたsp3炭素アミノ化反応の開発」(ポスター賞)
第7回CSJ化学フェスタ2017 P8-023 タワーホール船堀 東京 2017年10月17日-19日(ポスター)

(3)榊原陽太・伊藤江里・村上慧 · 伊丹健一郎
「脱炭酸を伴う簡便なベンジルアミン骨格合成反応の開発」
第35回メディシナルケミストリーシンポジウム 1P-108 名古屋大学 豊田講堂 2017年10月25日-27日(ポスター)

(4)榊原陽太・伊藤江里・村上慧 · 伊丹健一郎
「可視光触媒を用いた脱炭酸型sp3炭素アミノ化反応の開発」統合物質創製化学研究推進機構第3回国内シンポジウム P43 京都大学 宇治キャンパス 2017年10月30日,31日(ポスター)

(5)榊原陽太・伊藤江里・村上慧 · 伊丹健一郎
「脱炭酸を伴うベンジルアミン誘導体の簡便合成法」

ITbM/IGER Chemistry Workshop ~student-centered symposium of forefront chemistry~ P-31 名古屋大学、2017年11月(ポスター)

(6)榊原陽太, 伊藤江里, 村上慧, 伊丹健一郎
“Development of Photoredox-Catalyzed Amination Reaction through Decarboxylation”
グリーン自然科学国際教育研究プログラム IGER 2017年度年次報告会、名古屋大学、G-46, 2017/1/10 (ポスター)

(7)榊原陽太、伊藤江里、福島知宏、村上慧、伊丹健一郎
「可視光触媒を用いた脱炭酸型アミノ化反応の開発」
日本化学会第98春季年会、1H2-05、日本大学、千葉、2018年3月20日(口頭)

関連記事

  1. Yip Shu Jan (Alicia)
  2. Kaylin Nicole Flesch
  3. 大島 豪
  4. 朝魯門
  5. 徳永 幸大
  6. 中室 貴幸
  7. 林 和佳菜
  8. Nils Schröder

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP