山本 拓矢

Name

Takuya Yamamoto

Research Interest

Ideal Chemical Synthesis through C-H Bond Transformation

Related Publications

(94) Iridium Catalysis for C-H Bond Arylation of Heteroarenes with Iodoarenes

Benoit Join, Takuya Yamamoto, and Kenichiro Itami
Angew. Chem. Int. Ed. 200948, 3644.

Selected as “Hot Paper”. Most Accessed Paper (April 2009)

Highlight in SYNFACTS. 2009, 7, 789.

DOI: 10.1002/anie.200806358

Presentation

国内

Takuya Yamamoto, Benoit Join, Kenichiro Itami, “Iridium-Catalyzed Heterobiaryl Synthesis by C-H Bond Functionalization”、文部科学省特別教育研究経費 物質合成研究拠点機関連携事業 第4回物質合成シンポジウム「合成化学とナノ科学の接点」、平成21123日、名古屋大学(ポスター)

山本拓矢・Benoit Join・伊丹健一郎、「Ir/PCy3触媒によるヘテロ芳香環のC-H結合アリール化」、日本化学会第89春季年会、平成21330日、千葉(口頭)

山本拓矢・Benoit Join・伊丹健一郎、「Iridium Catalysis for  C-H Bond Arylation of Heteroarenes with Iodoarenes」、G-COE 成果報告会 2009、平成2169日、名古屋大学(ポスター)

山本拓矢・Benoit Join・伊丹健一郎、「イリジウム触媒によるヘテロ芳香環のC-H結合アリール化反応」、第56回有機金属化学討論会、平成21910日、同志社大学(ポスター)

山本拓矢・Benoit Join・伊丹健一郎、「Iridium Catalysis for  C-H Bond Arylation of Heteroarenes with Iodoarenes」、第26回有機合成化学セミナー、平成21916日、前橋市中央公民館(ポスター)

26回有機合成化学セミナーポスター賞受賞

国際

Takuya Yamamoto, Benoit Join, Kenichiro Itami, “Iridium Catalysis for  C-H Bond Arylation of Heteroarenes with Iodoarenes,” The 8th Joint Seminar of Münster University & Nagoya University, Sep 29, 2009, Nagoya, Japan.

Comments

ガムシャラに生きてます。

 

 

関連記事

  1. 鎌田 祐子
  2. 山口 敦史
  3. Eva Koch
  4. 森 清貴
  5. 天池 一真
  6. Michael Wade Wolfe McCreery
  7. Sho Ishida
  8. Sojung Kim

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

Instagram@Itami Lab

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP