近藤 寛起

 

Name

Hiroki Kondo

Mail Address

kondo.hiroki[at-mark]g.mbox.nagoya-u.ac.jp

Recent Publication

(1) Aromatic C–H coupling with hindered arylboronic acids by Pd/Fe dual catalysts
Kazuya Yamaguchi, Hiroki Kondo, Junichiro Yamaguchi, Kenichiro Itami
Chem. Sci. 2013, 4, 3753. DOI: 10.1039/C3SC51206A
Most read Articles in June 2013

(2) Branch-Selective Allylic C–H Carboxylation of Terminal Alkenes by Pd/sox Catalyst
Hiroki Kondo, Feng, Yu, Junichiro Yamaguchi, Guosheng Liu, Kenichiro Itami
Org. Lett. 2014, 16, 4212. DOI: 10.1021/ol5019135

(3) Rh-Catalyzed Regiodivergent Hydrosilylation of Acyl Aminocyclopropanes Controlled by Monophosphine Ligands
Hiroki Kondo, Kenichiro Itami, Junichiro Yamaguchi
Chem. Sci. 2017, Accepted Manuscript. DOI: 10.1039/C7SC00071E

Research Presentation

口頭
(1)近藤寛起、山口和也、山口潤一郎、伊丹健一郎
嵩高いヘテロビアリール合成を促進するC–Hアリール化触媒の開発
日本化学会第93春季年会、1F6-37、滋賀、2013年3月

(2)近藤寛起、小林千紗、宮村伸、伊丹健一郎、山口潤一郎
Ir-catalyzed Hydroboration of Cyclopropanes
日本化学会第96春季年会、 2H7-10、 同志社大学 京田辺キャンパス、 京都府、2016年3月25日

ポスター
国内

(1) 山口和也、近藤寛起、山口潤一郎、伊丹健一郎
嵩高いビアリール合成を実現する直接カップリング反応
第59回有機金属化学討論会、P3C-21、大阪、2012年9月

(2) 近藤寛起、山口和也、山口潤一郎、伊丹健一郎
Hindered Biaryls by C–H Coupling: Bisoxazoline-Pd Catalysis, Leading to Enantioselective C–H Coupling
グリーン自然科学国際教育研究プログラムIGER 2012年度年次報告会、G-41、名古屋大学 愛知、2013年1月

(3) 近藤寛起, Feng Yu, 山口潤一郎, Guosheng Liu, 伊丹健一郎
Branch-Selective Allylic C–H Carboxylation of Terminal Alkenes by Pd/sox Catalyst
グリーン自然科学国際教育研究プログラム IGER 2014年度年次報告会、 G-7、 名古屋大学 愛知 2014年12月18日

(4)近藤寛起、小林千紗、宮村伸、伊丹健一郎、山口潤一郎
Ir-catalyzed Hydroboration of Cyclopropanes
グリーン自然科学国際教育研究プログラム IGER 2015年度年次報告会、 G-41、 名古屋大学 名古屋 2016年1月8日

(5)近藤寛起、伊丹健一郎、山口潤一郎
Rh-Catalyzed Regiodivergent Hydrosilylation of Aminocyclopropanes Controlled by Monophosphine Ligands
グリーン自然科学国際教育研究プログラム IGER 2016年度年次報告会、 G-49、 名古屋大学 名古屋 2017年1月13日

国際
(1)近藤寛起、山口和也、山口潤一郎、伊丹健一郎
Hindered Biaryls by C–H Coupling: Bisoxazoline-Pd Catalysis, Leading to Enantioselective C–H Coupling
The 2nd International Conference on MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis、P-01、Aichi、2012年12月

(2) 近藤寛起、山口和也、山口潤一郎、伊丹健一郎
Aromatic C–H Coupling with Hindered Arylboronic acids by Pd/Fe Dual Catalysts
The 15th IRTG Joint Seminar – University of Münster and Nagoya University-、P-21、Aichi、2013年5月

(3) 近藤寛起、山口和也、山口潤一郎、伊丹健一郎
Hindered Heterobiaryls by C–H Arylation: New Generation Catalyst
14th Tetrahedron Symposium、P2.50、Austria、2013年6月

(4)近藤寛起、山口潤一郎、Guosheng Liu、伊丹健一郎
Branch-selective Allylic C–H Oxidation of Terminal Alkenes by New Pd Catalyst
XXVI International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC 2014)、 3P124、 Royton Sapporo, Hokkaido, 2014年7月

受賞
2016年日本化学会第96回春季年会 学生講演賞

留学
2013年9月~11月 中国科学院上海有機化学研究所 指導教員:Guosheng Liu

Comment

がんばれドラゴンズ!!

関連記事

  1. 宇野 何岸
  2. 山口英士
  3. Julian Fliege
  4. 石川 広之
  5. Christina Meyer
  6. Gregory Perry
  7. 川井 一矢
  8. 森 進

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

Instagram@Itami Lab

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP