吉富 哲志

Name

Tetsushi Yoshidomi
E-mail
yoshidomi.tetsushi[あっとまーく]e.mbox.nagoya-u.ac.jp
Research Interest
pyridylidene
Recent Presentation

国内

(1)吉富哲志・瀬川泰知・伊丹健一郎

「Complexation of Bidentate Pyridylidene Ligand to Transition Metals」

第3回統合物質シンポジウム P32 西新プラザ 福岡 2012年6月1日(ポスター)

(2)吉富哲志・瀬川泰知・伊丹健一郎

「2座ピリジリデン配位子の合成と錯形成」

第44回構造有機化学若手の会 P46 ホテルミリオーネ 北海道 2012年8月3日(ポスター)

(3)吉富哲志・瀬川泰知・伊丹健一郎

「2座ピリジリデン配位子を有するパラジウム錯体の合成と構造」

日本化学会第93春季年会 3B6-05 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス 滋賀 2013年3月25日(口頭)

(4)吉富哲志・瀬川泰知・伊丹健一郎
「2座ピリジリデン配位子を有する遷移金属錯体の合成、構造、反応性」
第61回有機金属化学討論会P3C-05 九州大学 福岡 2014年 9月25日 (ポスター)

(5)吉富哲志・瀬川泰知・伊丹健一郎

「2座ピリジリデン配位子を有するパラジウム錯体の合成と反応性」

第42回有機典型元素化学討論会 P-29 名古屋大学 名古屋 2015年12月4日(ポスター)優秀ポスター賞受賞!

国際

(1)Tetsushi Yoshidomi, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami

“Synthesis and Reactivity of Palladium- and Nickel-Pyridylidene Complexes”

The 14th Joint Seminar -University of Münster and Nagoya University-, P22, Nagoya University, Nagoya, Japan, Oct 1, 2012 (Poster)

(2)Tetsushi Yoshidomi, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami

“Pyridine-based Dicarbene Ligand: Synthesis and Reactivity of Palladium- and Nickel-Pyridylidene Complex”

The 15th Joint Seminar -University of Münster and Nagoya University-, P23, Nagoya University, Nagoya, Japan, May, 2013 (Poster)

(3)Tetsushi Yoshidomi, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami

“Pyridine-based Dicarbene Ligand: Synthesis and Reactivity of Palladium- and Nickel-Pyridylidene Complex”

Nagoya Symposium 2013, P56, Nagoya University, Nagoya, Japan, May, 2013 (Poster)

(4) Tetsushi Yoshidomi, Yasutomo Segawa, Kenichiro Itami

“Pyridine-based Dicarbene Ligand: Synthesis and Structure of Bis-2-pyridylidene Palladium Complex”

XXVI International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC 2014), 2P060, Royton Sapporo, Hokkaido, Japan, July, 15, 2014 (Poster)

Publication

(1)Pyridine-Based Dicarbene Ligand: Synthesis and Structure of Bis-2-pyridylidene Palladium Complex

Tetsushi Yoshidomi, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami

Chem. Commun. 2013, 49, 5648. DOI: 10.1039/C3CC42655F 【detailMost Read Article in May 2013

(2)Enantioselective Intermolecular C–H Functionalization of Allylic and Benzylic sp3 C–H Bonds Using N-sulfonyl-1,2,3-triazoles

Robert W. Kubiak, II, Jeffrey D. Maghion, Sidney M. Wilkerson-Hill, Joshua S. Alford, Tetsushi Yoshidomi, and Huw M. L. Davies

Org. Lett. ASAP  DOI: 10.1021/acs.orglett.6b01298

Study Abroad Experience
November, 2014 – January, 2015  Huw M. L. Davies group in Emory University
Comment
現在、本物の忍者になるべく修行中!

 

関連記事

  1. Friederike Sibbel
  2. 孟 令奎
  3. Kathryn Chepiga
  4. 山口英士
  5. 齋藤 朱里
  6. Gregory Perry
  7. 久保田 夏実
  8. 金田 岳志

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

Instagram@Itami Lab

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP