Member

天池一真Designated Assistant Professor

Name

Kazuma Amaike

Mail Address

amaike.kazuma[あっとまーく]c.mbox.nagoya-u.ac.jp

Research Interest

Chemical biology

Education and Experience

2011年3月 名古屋大学理学部化学科 卒業(伊丹健一郎教授)

2013年3月   名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系)博士前期課程修了(伊丹健一郎教授)

2013年4月~2016年3月 日本学術振興会 特別研究員(DC1)

2013年4月~2013年7月   マサチューセッツ工科大学 留学(Prof. Movassaghi)

2016年3月 名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系)博士後期課程修了(伊丹健一郎教授、博士(理学)取得)

2016年4月~2019年6月 京都大学大学院工学研究科 合成·生物化学専攻 博士研究員 (浜地格教授)

2017年4月~2019年6月 日本学術振興会特別研究員(SPD)

2019年7月 名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系)特任助教 (伊丹健一郎教授)

Publications

【発表論文】

(8) Affinity-guided oxime chemistry for selective protein acylation in live tissue systems

Tomonori Tamura, Zhining Song, Kazuma Amaike, Shin Lee, Sifei Yin, Shigeki Kiyonaka, and Itaru Hamachi

J. Am. Chem. Soc., 2017, 139, 14181–14191. DOI: 10.1021/jacs.7b07339

(7) Synthesis of multiply arylated pyridines

Takashi Asako, Wakana Hayashi, Kazuma Amaike, Shin Suzuki, Kenichiro Itami, Kei Muto, and Junichiro Yamaguchi

Tetrahedron,2017, 73, 3669–3676. DOI: 10.1016/j.tet.2017.03.095

(6) Synthesis of Triarylpyridines in Thiopeptide Antibiotics by Using a C−H Arylation/Ring-Transformation Strategy

Kazuma Amaike, Kenichiro Itami, and Junichiro Yamaguchi

Chem. Eur. J.2016, 22, 4384–4388. DOI: 10.1002/chem.201600351

(5) Direct C7 Functionalization of Tryptophan. Synthesis of Methyl (S)-2-((tert-Butoxycarbonyl)amino)-3-(7-(4,4,5,5-tetramethyl-1,3,2-dioxaborolan-2-yl)-1H-indol-3-yl)propanoate

Kazuma Amaike, Richard P. Loach and Mohammad Movassaghi

Org. Synth. 201592, 373–385. DOI: 10.15227/orgsyn.092.0373

(4) C7-Derivatization of C3-Alkylindoles Including Tryptophans and Tryptamines

Richard P. Loach, Owen S. Fenton, Kazuma Amaike, Dustin S. Siegel, Erhan Ozkal, and Mohammad Movassaghi

J. Org. Chem., 2014, 79, 11254–11263. DOI: 10.1021/jo502062z

Most Read Articles in November 2014

(3) β-Selective C–H Arylation of Pyrroles Leading to Concise Syntheses of Lamellarins C and I

Kirika Ueda, Kazuma Amaike, Richard M. Maceiczyk, Kenichiro Itami, and Junichiro Yamaguchi

J. Am. Chem. Soc. 2014, 136, 13226–13232. DOI: 10.1021/ja508449y

Most Read Articles in September 2014

(2) Late-Stage C–H Coupling Enables Rapid Identification of HDAC Inhibitors: Synthesis and Evaluation of NCH-31 Analogues

Hiromi Sekizawa, Kazuma Amaike, Yukihiro Itoh,  Takayoshi Suzuki, Kenichiro Itami, and Junichiro Yamaguchi

ACS. Med. Chem. Lett2014, 5, 582–586. DOI: 10.1021/ml500024s

Most Read Articles in March 2014

(1) Decarbonylative C–H Coupling of Azoles and Aryl Esters: Unprecedented Nickel Catalysis and Application to Synthesis of Muscoride A

Kazuma Amaike, Kei Muto, Junichiro Yamaguchi, Kenichiro Itami

J. Am. Chem. Soc. 2012134, 13573–13576. DOI: 10.1021/ja306062c

Highlighted in Newspapers (Chu-nichiAsahi, The Chemical Daily, Yahoo!News, Mynavi-News)

Most Read Articles in August 2012

【総説·解説】

(3) AGOX化学による生体組織の内在タンパク質の触媒的ラベリング

天池一真

生体機能関連化学部会NEWS LETTER, 2018, 33, 1, 7–11.

(2) Recognition-driven chemical labeling of endogenous proteins in multi-molecular crowding live cells

Kazuma Amaike, Tomonori Tamura, Itaru Hamachi,

Chem. Commun., 2017, 53,11972. DOI: 10.1039/C7CC07177A

(1) ニッケル触媒を用いたヘテロ芳香族化合物の直接的カップリング

山口 潤一郎, 武藤 慶, 天池 一真, 山本 拓矢, 伊丹 健一郎

有機合成化学協会誌, Vol. 71 (2013), No. 6, 576–587. DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.71.576

【書籍】

(2) Synthesis of Natural Products and Pharmaceuticals via Catalytic C–H Functionalization

Junichiro Yamaguchi, Kazuma Amaike and Kenichiro Itami

Transition Metal-Catalyzed Heterocycle Synthesis via C–H Activation, Wiley-VCH book, 2016, 505–550.

(1)「触媒の設計・反応制御 事例集」

ニッケル触媒を用いた新しいクロスカップリング反応とその応用

伊丹 健一郎, 山口 潤一郎, 天池 一真, 武藤 慶

Research Presentation

ポスター

(10) Affinity-guided oxime chemistry for selective protein labeling in brain slices

Kazuma Amaike, Zhining Song, Shin Lee, Tomonori Tamura, Itaru Hamachi

ISBC2017, Kihada Hall, Uji Campus, Kyoto University, JAPAN, December 14–16, 2017.

(9) New affinity-guided protein labeling using oxime catalyst and NASA type acyl donor

天池一真

第2回大津会議合同研究発表会、びわ湖大津プリンスホテル、 2017年9月11–12日

(8) Rapid Access to Triarylpyridines and Synthesis of GE2270s

天池一真、伊丹健一郎、山口潤一郎

ITbM/IGER Chemistry Workshop、30、名古屋大学、2015年10月30日

(7) Rapid Access to Triarylpyridines and Synthesis of GE2270s

Kazuma Amaike, Kenichiro Itami, Junichiro Yamaguchi

Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis (OMCOS-18), P-418, Hotel Meliá Sitges, Sitges (Spain), July 1st, 2015.

(6) Novel Synthetic Method of Triarylpyridines

Kazuma Amaike, Kenichiro Itami, and Junichiro Yamaguchi

ICOMC 2014, 3P131, Sapporo, July 17, 2014.

(5) Decarbonylative C–H Arylation of Azoles with Aromatic Esters through Nickel Catalysis

Kazuma Amaike, Kei Muto, Junichiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami

IKCOC-12, PC-013, Kyoto, Nov 15, 2012.

(4) Decarbonylative C–H Arylation of Azoles with Aromatic Esters through Nickel Catalysis

Kazuma Amaike, Kei Muto, Junichiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami

The 14th IRTG Symposium, Nagoya University, Oct 2, 2012.

(3) Decarbonylative C–H Arylation of Azoles with Aromatic Esters through Nickel Catalysis

Kazuma Amaike, Kei Muto, Junichiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami

International Symposia on Advancing the Chemical Sciences (ISACS7), P77, University of Edinburgh, Jun 13, 2012.

(2) Rapid Access to Trithiazolylpyridines through C–H Arylation: Studies Toward the Synthesis of GE2270A

天池一真、山口潤一郎、伊丹健一郎

第2回統合物質シンポジウム、P03、名古屋大学、2011年11月7-8日

(1) Rapid Access to Trithiazolylpyridines through C–H Arylation: Studies Toward the Synthesis of GE2270A

Kazuma Amaike, Junichiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami

The 4th Global COE in Chemistry Annual Synposium, P-28, Nagoya University, Jun 15, 2011.

口頭

(8) 細胞および脳組織における内在性タンパク質の固定化駆動型アフィニティーラベリング

天池一真、山上禎俊、西川雄貴、後藤大輝、清中茂樹、浜地格

日本化学会第99春季年会、甲南大学・岡本キャンパス、2019年3月16–19日

(7) Whole body imaging を指向した固定化剤駆動型のタンパク質可視化法

天池一真、山上禎俊、西川雄貴、清中茂樹、浜地格

日本ケミカルバイオロジー学会第13回年会、東京医科歯科大学、2018年 6月11–13日

(6) A new method for visualizing neurotransmitter receptors by a chemical cross-linking

Kazuma Amaike, Sadatoshi Yamagami, Yuki Nishikawa, Shigeki Kiyonaka, Itaru Hamachi

日本化学会第98春季年会、日本大学理工学部・船橋キャンパス、2018年3月20–23日

(5) オキシム触媒・NASA型アシルドナーを用いた新規affinity-guided protein labeling

天池一真、宋智凝、李伸、田村朋則、浜地格

日本ケミカルバイオロジー学会第12回年会、北海道大学・クラーク会館、2017年6月7–9日

(4) New method for affinity-guided protein labeling

Kazuma Amaike, Zhining Song, Shin Lee, Tomonori Tamura, Itaru Hamachi

日本化学会第97春季年会 、慶應義塾大学・日吉キャンパス、2017年3月16–19日

(3) 新規カップリング反応と環変換反応を鍵としたチオペプチド抗生物質群の迅速合成法の確立

天池一真、武藤慶、伊丹健一郎、山口潤一郎

第57回天然有機化合物討論会、37、神奈川県民ホール、神奈川、2015年9月11日

(2) Rapid Access to Triarylpyridines and Synthesis of GE2270s

Kazuma Amaike, Junichiro Yamaguchi, Kenichiro Itami

第95日本化学会年会、1J2-51、日本大学理工学部 船橋キャンパス/薬学部、千葉、2015年3月26日

(1) Ni触媒を用いたアゾール類と芳香族エステルの芳香環連結反応の開発とmuscoride Aの全合成

天池一真、武藤慶、山口潤一郎、伊丹健一郎

第92日本化学会年会、4L2-38、神奈川、2012年3月28日

Awards

2014年10月 第5回大津会議メンバー(会員No.071)

2015年 ITbM/IGER Chemistry Workshop ポスター賞

2018年 日本化学会第98春季年会優秀講演賞(学術)

Comment

 

Our Member

  1. 石田 舜祐
  2. Bui Son Quy
  3. 木下 英代
  4. 天池一真
  5. 城谷 陽子
  6. 山野上 琴乃
  7. 渡辺 二規
  8. 桑山 元伸
  9. 野口 貴代
  10. 植山 唯
  11. 加藤 里香
  12. 山田 圭悟
  13. 鄭 在玹
  14. 渡邊 幸佑
  15. 河野 英也
  16. 前川 海斗
  17. 加藤 江莉佳
  18. 赤上 諒
  19. 三浦 亜季
  20. 三苫 伸彦
  21. 瀬川 泰知
  22. 佐藤 弘規
  23. Greco Gonzalez Miera
  24. 森 元気
  25. Kwan Yin Cheung
  26. 瓜生 瑞穂
  27. 青木 優吾

    伊丹研のリアクション芸人。

  28. 長瀬 真依
  29. 松島 佳保
  30. 前田 文平

    伊丹研の米津玄師

  31. 周戸 大季

    もう梅雨開けたんですか!? やったー!!

  32. 朝魯門
  33. Yuanming Li
  34. 宮内 紗久良

    M2 後ろに注目

  35. 松原 聡志

    時は来た、それだけだ。

  36. 藤木 秀成

    はやく人間になりたい

  37. 川原 巧

    よろしくおねがいします!

  38. 加藤 里佳

    もにかです。さいたま県民になりました。走ってもっと食べる年。

  39. 上田 彩果

    米中心生活

  40. 奥出 諒

    博士課程進学目指して頑張ります!キュバンを愛し、キュバンに愛された男!

  41. 八木 亜樹子

    助教として戻ってきました。好きなものはラーメン。昭和区。

  42. 榊原 陽太

    好青年

  43. 戸谷 充寿

    スポーツ愛

  44. Yip Shu Jan (Alicia)

    D1。マレーシア人。

  45. 松岡 和

    なんでもできるひとになりたい

  46. 山田 遼太郎

    ラストイヤー!!さいたま県人。

  47. 矢野 裕太

    D3。理農館5Fでグラフェン矢野リボンの研究をしています。

  48. 山田 柊哉

    実家は東京な...

  49. 前川 健久
  50. 村上 慧

    特任准教授

  51. 伊藤 英人

    講師から准教授になりました。アルキンとカメラが大好き。

  52. 伊丹健一郎

    教授・ITbM拠点長・伊丹ナノカーボンプロジェクト統括。

PAGE TOP