Presentation 2011

  • International conference

(16)    Debashis Mandal, Atsushi D. Yamaguchi, Junichiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami “Synthesis of Dragmacidin D via Direct C–H Couplings” Nagoya University Global COE International Symposium & 7th and 8th Yoshimasa Hirata Memorial Lectures, P06, Nagoya University, Nagoya, Japan, Nov 19, 2011 (Poster)

(15)    Katsuaki Kawasumi, Tomonori Kajino, Kenji Mochida, Yasutomo Segawa, Lawrence T. Scott, and Kenichiro Itami “Direct C–H Arylation of Polycyclic Aromatic Hydrocarbons through Palladium Catalysis” Nagoya University Global COE International Symposium & 7th and 8th Yoshimasa Hirata Memorial Lectures, P05, Nagoya University, Nagoya, Japan, Nov 19, 2011 (Poster)

(14)    Akiko Yagi, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami “Synthesis and Properties of Cyclonaphthylene” The 12th Joint Seminar -University of Münster and Nagoya University-, P15, Nagoya University, Nagoya, Japan, Oct 4, 2011 (Poster)

(13)    Kei Muto, Junichiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami “Nickel-catalyzed C-H Arylation of Azoles” The 12th Joint Seminar -University of Münster and Nagoya University-, P14, Nagoya University, Nagoya, Japan, Oct 4, 2011 (Poster)

(12)    Cristopher Camacho, Yasutomo Segawa, Kenichiro Itami, Stephan Irle “Theoretical Interpretation of the Photophysical Properties of [n]Cycloparaphenylenes” 7th Congress of the International Society forTheoretical Chemical Physics (ISTCP-7), Waseda University, Tokyo, Japan, Sep 2, 2011 (Poster)

(11)    Kirika Ueda, Sylvia Kirchberg, Armido Studer, Shuichi Yanagisawa, Junichiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami, “Pd-Catalyzed β-Selective C–H Bond Arylation of Thiophenes,”121st BASF International Summer Course Poster Session, #42, BASF, Ludwigshafen, Germany, July 28, 2011 (Poster)

(10)    Katsuaki Kawasumi, Kenji Mochida, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami “Direct C–H Arylation of Polycyclic Aromatic Hydrocarbons through Palladium Catalysis”, 14th International Symposium on Novel Aromatic Compounds (ISNA-14), P48, Eugene, Oregon, USA, July 26, 2011 (Poster)

(9)    Atsushi D. Yamaguchi, Debashis Mandal, Junichiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami “Oxidative C–H/C–H Coupling of Azine and Indole/Pyrrole Nuclei: Palladium Catalysis and Synthesis of Eudistomin U” The 16th IUPAC International Symposium on Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis (OMCOS-16), P107, Shanghai, China, July 24, 2011 (Poster)

(8)    Debashis Mandal, Atsushi D. Yamaguchi, Junichiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami “Synthetic Studies of Dragmacidin D via Direct C–H Bond Arylation” Nagoya University Global COE in Chemistry 4th Annual Symposium, P-74, Nagoya University, Nagoya, Japan, June 15, 2011 (Poster)

(7)    Kazuma Amaike, Junichiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami “Rapid Access to Trithiazolylpyridines through C–H Arylation” Nagoya University Global COE in Chemistry 4th Annual Symposium, P-28, Nagoya University, Nagoya, Japan, June 15, 2011 (Poster)

(6)    Kei Muto, Takuya Yamamoto, Junichiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami “Nickel-Catalyzed C–H Arylation of Azoles with Haloarenes” Nagoya University Global COE in Chemistry 4th Annual Symposium, P-27, Nagoya University, Nagoya, Japan, June 15, 2011 (Poster)

(5)    Katsuma Matsui, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami “Synthesis of Nitrogen-Containing Carbon Nanorings” Nagoya University Global COE in Chemistry 4th Annual Symposium, P-26, Nagoya University, Nagoya, Japan, June 15, 2011 (Poster)

(4)    Atsushi D. Yamaguchi, Debashis Mandal, Junichiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami “Oxidative C–H/C–H Coupling of Azine and Indole/Pyrrole Nuclei: Palladium Catalysis and Synthesis of Eudistomin U” Nagoya University Global COE in Chemistry 4th Annual Symposium, P-25, Nagoya University, Nagoya, Japan, June 15, 2011 (Poster)

(3)    Kazuhiro Hata, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami “Synthesis and Reactivity of N-heterocyclic Carbenes” Nagoya University Global COE in Chemistry 4th Annual Symposium, P-24, Nagoya University, Nagoya, Japan, June 15, 2011 (Poster)

(2)    Takehisa Maekawa, Hiromi Sekizawa, and Kenichiro Itami “Controlled Alcohol-Carbonyl Interconversion through Nickel Catalysis” Nagoya University Global COE in Chemistry 4th Annual Symposium, P-23, Nagoya University, Nagoya, Japan, June 15, 2011 (Poster)

(1)    Katsuaki Kawasumi, Kenji Mochida, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami “Direct C–H Arylation of Polycyclic Aromatic Hydrocarbons through Palladium Catalysis” Nagoya University Global COE in Chemistry 4th Annual Symposium, P-22, Nagoya University, Nagoya, Japan, June 15, 2011 (Poster)

  • Domestic conference

(35) 天池一真・武藤慶・山口潤一郎・伊丹健一郎

「Ni触媒を用いたアゾール類と芳香族エステルの芳香環連結反応の開発とmuscoride Aの全合成」

日本化学会第92春季年会 4L2-38 慶應義塾大学 神奈川 2012年3月28日(口頭A)

(34) 武藤慶・山口潤一郎・伊丹健一郎

「Ni触媒を用いたアゾール類とフェノール誘導体のC-H/C-Oカップリング」

日本化学会第92春季年会 4L2-37 慶應義塾大学 神奈川 2012年3月28日(口頭A)

(33) 並河知孝○鎌田賢司・太田浩二・瀬川泰知・伊丹健一郎

「シクロパラフェニレンの二光子吸収特性」

日本化学会第92春季年会 4F8-04 慶應義塾大学 神奈川 2012年3月28日(口頭A)

(32) 上原貴大・谷聡・関澤裕美・山口潤一郎・伊丹健一郎

「生物活性物質合成を指向した2-アミノチアゾールのC4選択的C-Hアリール化反応の開発」

日本化学会第92春季年会 3K8-44 慶應義塾大学 神奈川 2012年3月27日(口頭A)

(31) 谷聡・山口潤一郎・伊丹健一郎

「Pd触媒を用いたチアゾール類のC4選択的C-Hアリール化反応」

日本化学会第92春季年会 3K8-43 慶應義塾大学 神奈川 2012年3月27日(口頭A)

(30) 山口和也・山口潤一郎・伊丹健一郎

「C-Hアリール化による嵩高いヘテロビアリール合成:新規Pd触媒の開発と不斉反応への展開」

日本化学会第92春季年会 3K8-42 慶應義塾大学 神奈川 2012年3月27日(口頭A)

(29) 尾崎恭平・瀬川泰知・伊丹健一郎

「Pd触媒を用いた多環性芳香族炭化水素の直接アリール化反応(3)」

日本化学会第92春季年会 3K8-37 慶應義塾大学 神奈川 2012年3月27日(口頭A)

(28) 梶野智敬・川澄克光・望田憲嗣・瀬川泰知・伊丹健一郎

「Pd触媒を用いた多環性芳香族炭化水素の直接アリール化反応(2)」

日本化学会第92春季年会 3K8-36 慶應義塾大学 神奈川 2012年3月27日(口頭A)

(27) 川澄克光・望田憲嗣・瀬川泰知・Scott, Lawrence T.・伊丹健一郎

「Pd触媒を用いた多環性芳香族炭化水素の直接アリール化反応(1)」

日本化学会第92春季年会 3K8-34 慶應義塾大学 神奈川 2012年3月27日(口頭B)

学生講演賞受賞!

(26) マンダル デバシス・山口敦史・山口潤一郎・伊丹健一郎

「C-Hカップリングを駆使したDragmacidin Dの全合成」

日本化学会第92春季年会 3E3-31 慶應義塾大学 神奈川 2012年3月27日(口頭B)

学生講演賞受賞!

(25) 山口潤一郎

「芳香環直接連結反応を鍵とした生物活性化合物の迅速合成」

日本化学会第92春季年会 3E3-16 慶應義塾大学 神奈川 2012年3月27日(若い世代の特別講演会)

(24) 八木亜樹子・瀬川泰知・伊丹健一郎

「[9]シクロ-1,4-ナフチレンの合成、構造、及び光物性」

日本化学会第92春季年会 1M1-44 慶應義塾大学 神奈川 2012年3月25日(口頭A)

(23) 松井克磨・瀬川泰知・伊丹健一郎

「含窒素カーボンナノリングの合成」

日本化学会第92春季年会 1M1-43 慶應義塾大学 神奈川 2012年3月25日(口頭A)

(22) 松浦沙奈枝・瀬川泰知・伊丹健一郎

「官能基化シクロパラフェニレンの合成」

日本化学会第92春季年会 1M1-42 慶應義塾大学 神奈川 2012年3月25日(口頭A)

(21) 中西勇介・大町遼・松浦沙奈枝・宮田耕充・北浦良・瀬川泰知・伊丹健一郎・篠原久典

「世界最短のピーポッド:フラーレンとシクロパラフェニレンの包接錯体」

第42回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム 東京大学 東京 2012年3月7日 (ポスター)

(20)    秦一博・瀬川泰知・伊丹健一郎

「ピリジリデンの合成と反応性」

第38回有機典型元素化学討論会 石川県立音楽堂 石川 2011年12月8日 (ポスター)

ポスター賞受賞!

(19) 八木亜樹子・瀬川泰知・伊丹健一郎

「分子として表せるカーボンナノチューブ:カーボンナノベルトの有機合成」

名古屋大学若手女性研究者サイエンスフォーラム 名古屋大学 愛知 2011年11月26日(ポスター)

総長賞受賞!

(18) 武藤慶・山口潤一郎・伊丹健一郎

「Ni触媒を用いたヘテロ芳香環のC-H結合直接アリール化反応」

第100回有機合成シンポジウム O-37 早稲田大学 東京 2011年11月11日(口頭・ポスター)

ポスター賞受賞!

(17) 天池一真・山口潤一郎・伊丹健一郎

「チオペプチド抗生物質の全合成を指向したトリアゾリルピリジン迅速合成法の開発」

第2回統合物質シンポジウム P03 名古屋大学 愛知 2011年11月7日(ポスター)

(16) 松井克磨・瀬川泰知・伊丹健一郎

「含窒素カーボンナノリングの合成」

第2回統合物質シンポジウム P02 名古屋大学 愛知 2011年11月7日(ポスター)

(15) 梶野智敬・川澄克光・望田憲嗣・瀬川泰知・伊丹健一郎

「パラジウム触媒による多環性芳香族炭化水素の直接アリール化反応」

第5回物質科学フロンティアセミナー P-11 名古屋大学 愛知 2010年10月22日(ポスター)

ポスター賞受賞!

(14) 山口潤一郎・マンダル デバシス・山口敦史・伊丹健一郎

「C–Hアリール化反応を駆使したdragmacidin Dの全合成」

第53回天然有機化合物討論会 #45 大阪国際交流センター 大阪2011年9月29日(口頭)

(13) 八木亜樹子・瀬川泰知・伊丹健一郎

「シクロナフチレンの合成と性質」

第22回基礎有機化学討論会 2P127 つくば国際会議場 茨城 2011年9月21日(ポスター)

ポスター賞受賞!

(12) 瀬川泰知・大町遼・松浦沙奈枝・セネル ペトル・宮本慎平・カマチョ クリストファー・イレ ステファン・深澤愛子・山口茂弘・笹森貴裕・時任宣博・伊丹健一郎

「シクロパラフェニレンの合成、構造、及び光物性」

第22回基礎有機化学討論会 A16 つくば国際会議場 茨城 2011年9月21日(口頭)

(11) 松井克磨・瀬川泰知・伊丹健一郎

「含窒素カーボンナノリングの合成」

第22回基礎有機化学討論会 1P125 つくば国際会議場 茨城 2011年9月21日(ポスター)

(10) 梶野智敬・川澄克光・望田憲嗣・瀬川泰知・伊丹健一郎

「パラジウム触媒による多環性芳香族炭化水素の直接アリール化反応」

第58回有機金属化学討論会 P3B-15 名古屋大学 愛知 2011年9月9日(ポスター)

(9) 神谷拓輝・ 柳澤周一・鈴木勝也・廣戸聡・伊丹健一郎・忍久保洋

「ジアリールエテンの遷移金属触媒反応による新規合成法の開発」

第58回有機金属化学討論会 P3B-09 名古屋大学 愛知 2011年9月9日(ポスター)

(8) 武藤慶・山本拓矢・小宮山真人・山口潤一郎・伊丹健一郎

「ニッケル触媒によるアゾール類のC-Hアリール化反応」

第58回有機金属化学討論会 P3A-28 名古屋大学 愛知 2011年9月9日(ポスター)

(7) 山口潤一郎・マンダル デバシス・山口敦史・伊丹健一郎

「炭素-水素結合直接アリール化反応を鍵とするdragmacidin Dの全合成」

第58回有機金属化学討論会 O2-14 名古屋大学 愛知 2011年9月8日(口頭)

(6) 八木亜樹子

「シクロナフチレンの合成と性質」

第43回構造有機若手の会夏の学校 P31 大久野島 広島 2011年8月3日(ポスター)

(5) 松井克磨

「含窒素カーボンナノリングの合成」

第43回構造有機若手の会夏の学校 P30 大久野島 広島 2011年8月3日(ポスター)

(4) 大町遼

「シクロパラフェニレンの合成」

第43回構造有機若手の会夏の学校 P29 大久野島 広島 2011年8月3日(ポスター)

(3) 松浦沙奈枝

「CPPの短工程合成とX線結晶構造解析」

第46回有機反応若手の会 去来荘 群馬 2011年7月8日(ポスター)

ポスター賞受賞!

(2) 秦一博

「ピリジリデンの合成と反応性」

第46回有機反応若手の会 去来荘 群馬 2011年7月8日(ポスター)

(1) 山口敦史

「インドール・ピロール類とアジン類のC–H/C–H直接連結反応: Eudistomin Uの迅速合成」

第26回天然物化学談話会 P113 熱川ハイツ 静岡 2011年7月7日(ポスター)

Related post

  1. 2013年度学会発表
  2. Matthias Quick
  3. Hideko Natsume
  4. (日本語) 名大 次世代型クロスカップリング法開発:科学新聞20…
  5. 新しいC−Hカップリングの開発に成功:2012年8月31日科学新…
  6. (日本語) 有用化合物を安く合成:中日新聞2011年12月9日
  7. (日本語) 名大、ビアリール化合物の合成向け次世代型クロスカップ…
  8. Hideto Ito, Invited Lecture

Twitter@Itami Lab

Itami Lab Facebook

Instagram@Itami Lab

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP