Blog

Presentation 2010

  • International conference

(25) Debashis Mandal, Atsushi D. Yamaguchi, Kirika Ueda, Junichiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami “Studies Toward the Synthesis of Dragmacidin D via Direct C–H Bond Arylation” The 1st International Conference on MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis, P-14, Sapporo, Japan, January 24, 2011 (Poster)

(24) Katsuaki Kawasumi, Kenji Mochida, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami “Pd-catalyzed Direct C–H Arylation of Polycyclic Aromatic Hydrocarbons” The 1st International Conference on MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis, P-11, Sapporo, Japan, January 24, 2011 (Poster)

(23) Kirika Ueda, Sylvia Kirchberg, Armido Studer, Shuichi Yanagisawa, Junichiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami “A General Catalyst for the β-Selective C–H Bond Arylation of Thiophenes” The 1st International Conference on MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis, P-08, Sapporo, Japan, January 24, 2011 (Poster)

(22) Haruka Omachi, Sanae Matsuura, Shinpei Miyamoto, Petr Šenel, Yasutomo Segawa, Takahiro Sasamori, Norihiro Tokitoh, and Kenichiro Itami “Modular Synthesis of [n]Cycloparaphenylenes” The 1st International Conference on MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis, P-05, Sapporo, Japan, January 24, 2011 (Poster)

(21) Debashis Mandal, Atsushi D. Yamaguchi, Junichiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami “Indole-azine C-H/C-H coupling for natural product synthesis” The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010), #2364, Honolulu, USA, December 20, 2010 (Oral)

(20) Kirika Ueda, Shuichi Yanagisawa, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami “β-Selective C–H bond arylation of thiophenes” The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010), #2057, Honolulu, USA, December 19, 2010 (Poster)

(19) Takuya Yamamoto, Junichiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami “Nickel-catalyzed biaryl coupling of heteroarenes and aryl electrophiles” The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010), #2042, Honolulu, USA, December 19, 2010 (Poster)

(18) Junichiro Yamaguchi, Debashis Mandal, Atsushi D. Yamaguchi, Kirika Ueda, and Kenichiro Itami “Synthesis of dragmacidin D via direct C–H bond arylation” The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010), #1287, Honolulu, USA, December 18, 2010 (Oral)

(17) Haruka Omachi, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami “Modular synthesis of cycloparaphenylenes” The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010), #539, Honolulu, USA, December 17, 2010 (Poster)

(16) Yasutomo Segawa, Haruka Omachi, and Kenichiro Itami “Theoretical studies on the structures and strain energies of cycloparaphenylenes” The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010), #526, Honolulu, USA, December 17, 2010 (Poster)

(15) Haruka Omachi, Sanae Matsuura, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami “Modular Synthesis of Cycloparaphenylenes” 7th Annual Summer Organic Chemistry Conference on Everybody’s Research (SOCCER 2010), Memorial University, St. Jone’s, Canada, August 13, 2010 (Oral)

Grand Prize! (link)

(14) Satoshi Tani, Shuichi Yanagisawa, and Kenichiro Itami “Palladium-Catalyzed C–H/C–H Homo-Coupling of Heteroarenes” Nagoya University Global COE in Chemistry 3rd Annual Symposium, P-28, Nagoya University, Nagoya, Japan, June 16, 2010 (Poster)

(13) Sanae Matsuura, Haruka Omachi, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami “Modular Synthesis of [14], [15], and [16]Cycloparaphenylenes” Nagoya University Global COE in Chemistry 3rd Annual Symposium, P-26, Nagoya University, Nagoya, Japan, June 16, 2010 (Poster)

(12) Takehisa Maekawa, Jean Bouffard, and Kenichiro Itami “Organoboron-Based Arylation of Carbonyls and Alcohols by Nickel Catalyst” Nagoya University Global COE in Chemistry 3rd Annual Symposium, P-25, Nagoya University, Nagoya, Japan, June 16, 2010 (Poster)

(11) Toshiki Kojima, Junichiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami “Studies Toward the Synthesis of Natural Product” Nagoya University Global COE in Chemistry 3rd Annual Symposium, P-24, Nagoya University, Nagoya, Japan, June 16, 2010 (Poster)

(10) Katsuaki Kawasumi, Claudia Lohre, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami “Direct C–H Functionalization of Arenes” Nagoya University Global COE in Chemistry 3rd Annual Symposium, P-23, Nagoya University, Nagoya, Japan, June 16, 2010 (Poster)

(9) Debashis Mandal, Atsushi D. Yamaguchi, Kirika Ueda, Junichiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami “Study Toward the Synthesis of Dragmacidin D via Direct C-H bond Arylation” Nagoya University Global COE in Chemistry 3rd Annual Symposium, P-22, Nagoya University, Nagoya, Japan, June 16, 2010 (Poster)

(8) Atsushi D. Yamaguchi, Debashis Mandal, Junichiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami “Indole-Azine C–H Coupling for Natural Product Synthesis” Nagoya University Global COE in Chemistry 3rd Annual Symposium, P-21, Nagoya University, Nagoya, Japan, June 16, 2010 (Poster)

(7) Satoshi Tani “Palladium-Catalyzed C–H/C–H Homo-Coupling of Heteroarenes” The 9th Joint Seminar -University of Münster and Nagoya University-, P10, Nagoya University, Nagoya, Japan, May 25, 2010 (Poster)

(6) Sanae Matsuura “Modular Synthesis of [14], [15], and [16]Cycloparaphenylenes” The 9th Joint Seminar -University of Münster and Nagoya University-, P9, Nagoya University, Nagoya, Japan, May 25, 2010 (Poster)

(5) Takehisa Maekawa “Organoboron-Based Arylation of Carbonyls and Alcohols by Nickel Catalyst” The 9th Joint Seminar -University of Münster and Nagoya University-, P8, Nagoya University, Nagoya, Japan, May 25, 2010 (Poster)

(4) Toshiki Kojima “Studies Toward the Synthesis of Natural Product” The 9th Joint Seminar -University of Münster and Nagoya University-, P7, Nagoya University, Nagoya, Japan, May 25, 2010 (Poster)

(3) Debashis Mandal “Studies Toward the Synthesis of Dragmacidin D via Direct C-H bond Arylation” The 9th Joint Seminar -University of Münster and Nagoya University-, P6, Nagoya University, Nagoya, Japan, May 25, 2010 (Poster)

(2) Atsushi D. Yamaguchi “Indole–Azine C–H Coupling for Natural Product Synthesis” The 9th Joint Seminar -University of Münster and Nagoya University-, P5, Nagoya University, Nagoya, Japan, May 25, 2010 (Poster)

(1) Kirika Ueda “β-Selective C–H Bond Arylation of Thiophenes” The 9th Joint Seminar -University of Münster and Nagoya University-, Nagoya University, Nagoya, Japan, May 25, 2010 (Oral)

  • Domestic conference

(36)    マンダル デバシス・山口敦史・植田桐加・山口潤一郎・伊丹健一郎

「C-H結合アリール化反応を駆使したDragmacidin Dの合成研究」

日本化学会第91春季年会 4A2-28 神奈川大学 神奈川 2011年3月29日(口頭)

(35)    前川健久・関澤裕美・伊丹健一郎

「ニッケル触媒を用いたアルコール類のワンポット酸化・アリール化反応」

日本化学会第91春季年会 3C8-51 神奈川大学 神奈川 2011年3月28日(口頭)

(34)    谷聡・KIRCHBERG, Sylvia・STUDER, Armido・山口潤一郎・伊丹健一郎

「Pd触媒を用いたチアゾール類のC4選択的C-Hアリール化反応」

日本化学会第91春季年会 3C8-42 神奈川大学 神奈川 2011年3月28日(口頭)

(33)    植田桐加・KIRCHBERG, Sylvia・STUDER, Armido・柳澤周一・山口潤一郎・伊丹健一郎

「Pd触媒を用いたチオフェン類のβ選択的C-Hアリール化反応」

日本化学会第91春季年会 3C8-40 神奈川大学 神奈川 2011年3月28日(口頭)

(32)    武藤慶・山本拓矢・小宮山真人・山口潤一郎・伊丹健一郎

「Ni触媒を用いたヘテロ芳香族化合物のC-H/C-X型アリール化反応」

日本化学会第91春季年会 3C8-39 神奈川大学 神奈川 2011年3月28日(口頭)

(31)    南保正和・瀬川泰知・伊丹健一郎

「アジリジノフラーレンを用いた多官能性フラーレンの合成」

日本化学会第91春季年会 3E5-28 神奈川大学 神奈川 2011年3月28日(口頭)

(30)    八木亜樹子・瀬川泰知・伊丹健一郎

「シクロナフチレンの合成と性質」

日本化学会第91春季年会 3E4-20 神奈川大学 神奈川 2011年3月28日(口頭)

(29)    瀬川泰知・大町遼・伊丹健一郎

「キラルカーボンナノリング:シクロフェニレンナフチレンの合成」

日本化学会第91春季年会 3E4-19 神奈川大学 神奈川 2011年3月28日(口頭)

(28)    神谷拓輝・柳澤周一・廣戸聡・伊丹健一郎・忍久保洋

「ジアリールエテンの位置選択的直接修飾法の開発」

日本化学会第91春季年会 3B3-12 神奈川大学 神奈川 2011年3月28日(口頭)

(27)    大町遼・松浦沙奈枝・IRLE, Stephan・深澤愛子・山口茂弘・瀬川泰知・伊丹健一郎

「シクロパラフェニレンの自在合成と光物性」

日本化学会第91春季年会 3E4-03 神奈川大学 神奈川 2011年3月28日(口頭)

(26)    松浦沙奈枝・宮本慎平・大町遼・セネル ペトル・笹森貴裕・時任宣博・瀬川泰知・伊丹健一郎

「[12]シクロパラフェニレンの短工程合成と結晶構造」

日本化学会第91春季年会 3E4-02 神奈川大学 神奈川 2011年3月28日(口頭)

(25)    川澄克光・望田憲嗣・瀬川泰知・伊丹健一郎

「Pd触媒を用いた多環性芳香族炭化水素のC-H/C-B型アリール化反応」

日本化学会第91春季年会 1C9-44 神奈川大学 神奈川 2011年3月26日(口頭)

(24)    望田憲嗣・川澄克光・瀬川泰知・伊丹健一郎

「Pd触媒を用いた多環性芳香族炭化水素のC-H/C-H型アリール化反応」

日本化学会第91春季年会 1C9-43 神奈川大学 神奈川 2011年3月26日(口頭)

(23)    山口敦史・マンダル デバシス・山口 潤一郎・伊丹健一郎

「Pd触媒を用いたインドール・ピロール類とアジン類のC-H/C-H直接連結反応」

日本化学会第91春季年会 1C9-42 神奈川大学 神奈川 2011年3月26日(口頭)

(22)    秦一博・瀬川泰知・伊丹健一郎

「ピリジリデンの合成と反応性」

日本化学会第91春季年会 1C4-10 神奈川大学 神奈川 2011年3月26日(口頭)

(21)    中西勇介・宮田耕充・大町遼・松浦沙奈枝・瀬川泰知・伊丹健一郎・北浦良・篠原久典

「世界最短のピーポッド:フラーレンのCPP包摂錯体」

第40回記念フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム 2P-50 名城大学 愛知 2011年3月9日(ポスター)

(20) 大町遼・松浦沙奈枝・宮本慎平・Petr Šenel・瀬川泰知・伊丹健一郎

「シクロパラフェニレンの化学」

第4回物質科学フロンティアセミナー P-26 名古屋大学 愛知 2010年11月19日(ポスター)

ポスター賞!

(19) 川澄克光・Claudia Lohre・瀬川泰知・伊丹健一郎

「芳香環C–H結合の直接トリフルオロメチル化反応」

第4回物質科学フロンティアセミナー P-15 名古屋大学 愛知 2010年11月19日(ポスター)

(18) 秦一博・瀬川泰知・伊丹健一郎

「Nへテロ環カルベンの合成と反応性」

第4回物質科学フロンティアセミナー P-4 名古屋大学 愛知 2010年11月19日(ポスター)

(17) 神谷拓輝・柳澤周一・廣戸聡・伊丹健一郎・忍久保洋

「ジアリールエテンの直接的修飾法の開発」

第4回物質科学フロンティアセミナー P-2 名古屋大学 愛知 2010年11月19日(ポスター)

(16) 大町遼

「シクロパラフェニレンの合成」

第1回大津会議 大津プリンスホテル 滋賀 2010年10月19日(口頭)

(15) 山口敦史・Debashis Mandal・山口潤一郎・伊丹健一郎

「天然物合成を指向したインドール類とアジン類のC-H直接連結反応」

第57回有機金属化学討論会 P3C-16 中央大学 東京 2010年9月18日(ポスター)

(14) 前川健久・関澤裕美・伊丹健一郎

「Ni触媒を用いた第2級アルコールから第3級アルコールの合成」

第57回有機金属化学討論会 P3C-02 中央大学 東京 2010年9月18日(ポスター)

(13) 南保正和・伊丹健一郎

「パラジウム触媒を用いたフラーレン類の化学変換」

第57回有機金属化学討論会 O1-12 中央大学 東京 2010年9月16日(口頭)

(12) 大町遼・松浦沙奈枝・瀬川泰知・伊丹健一郎

「シクロパラフェニレンの自在合成」

第21回基礎有機化学討論会 B31 名古屋大学 愛知 2010年9月11日(口頭)

(11) 瀬川泰知・大町遼・松浦沙奈枝・伊丹健一郎

「シクロパラフェニレンの構造と光物性」

第21回基礎有機化学討論会 2P23 名古屋大学 愛知 2010年9月10日(ポスター)

(10) 松浦沙奈枝・Petr Šenel・大町遼・宮本慎平・瀬川泰知・伊丹健一郎

「[12]シクロパラフェニレンの短段階合成」

第21回基礎有機化学討論会 2P22 名古屋大学 愛知 2010年9月10日(ポスター)

ポスター賞! (link)

(9) 望田憲嗣・吉田浩美・伊丹健一郎

「多環芳香族炭化水素の触媒的C–H結合アリール化反応」

第21回基礎有機化学討論会 2P18 名古屋大学 愛知 2010年9月10日(ポスター)

(8) 谷聡・Sylvia Kirchberg・山口潤一郎・伊丹健一郎

「チアゾール類のC–H結合アリール化反応における位置選択性の制御」

第21回基礎有機化学討論会 1P16 名古屋大学 愛知 2010年9月9日(ポスター)

(7) 山口敦史・Debashis Mandal・山口潤一郎・伊丹健一郎

「インドール・ピロール類とアジン類のC–H/C–H直接連結反応」

第21回基礎有機化学討論会 1P15 名古屋大学 愛知 2010年9月9日(ポスター)

(6) 柳澤周一・植田桐加・Sylvia Kirchberg・谷聡・山口潤一郎・伊丹健一郎

「アリールチオフェンの自在合成を指向した位置選択的C–H結合アリール化触媒の開発」

第21回基礎有機化学討論会 1P14 名古屋大学 愛知 2010年9月9日(ポスター)

(5) 松浦沙奈枝

「Modular Synthesis of [14], [15], and [16]Cycloparaphenylenes」

第45回有機反応若手の会 P2 福岡 2010年7月9日(ポスター)

ポスター賞! (link)

(4) 谷聡

「ヘテロ芳香環の直接的ホモカップリング反応」

第43回有機金属若手の会夏の学校 P62 福岡 2010年7月6日(ポスター)

(3) 前川健久

「ニッケル触媒による第2級アルコールから第3級アルコールの触媒的合成」

第43回有機金属若手の会夏の学校 P61 福岡 2010年7月6日(ポスター)

(2) 川澄克光

「芳香環C–H結合の直接変換による官能基化反応」

第43回有機金属若手の会夏の学校 P60 福岡 2010年7月6日(ポスター)

(1) 山口敦史・Debashis Mandal・山口潤一郎・伊丹健一郎

「インドール・ピロール類とアジン類のC–H/C–H直接連結反応」

第45回天然物化学談話会 P5 愛知 2010年7月6日(ポスター)

Related post

  1. (日本語) 東北大に女性科学者特別賞 震災後も活動と評価
  2. 新炭素材料グラフェン 化学合成の新手法
  3. (日本語) 名大 次世代型クロスカップリング法開発:科学新聞20…
  4. Ikuya Ban
  5. (日本語) “簡便”クロスカップリング:…
  6. Cathleen Crudden
  7. 2013年度学会発表
  8. Matthias Quick

Twitter@Itami Lab

Itami Lab Facebook

Instagram@Itami Lab

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.

Click here to troubleshoot

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP