2009 Presentations

  • International conference

(11) Kirika Ueda, Shuichi Yanagisawa, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami “β-Selective C–H Bond Arylation of Thiophenes” Nagoya University Joint Symposia Global COE-RCMS International Symposium on Organic Chemistry and 6th Yoshimasa Hirata Memorial Lecture, P-34, Nagoya University, Nagoya, Japan, January 12, 2010 (Poster)

(10) Masakazu Nambo, Atsushi Wakamiya, Shigehiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami “Regioselective Unsymmetrical Tetraallylation of C60 through Palladium Catalysis” Nagoya University Joint Symposia Global COE-RCMS International Symposium on Organic Chemistry and 6th Yoshimasa Hirata Memorial Lecture, P-33, Nagoya University, Nagoya, Japan, January 12, 2010 (Poster)

(9) Haruka Omachi, Hiroko Takaba, Shinpei Miyamoto, Sanae Matsuura, Hiromi Sekizawa, and Kenichiro Itami “Synthetic Studies of Cycloparaphenylenes” Nagoya University Joint Symposia Global COE-RCMS International Symposium on Organic Chemistry and 6th Yoshimasa Hirata Memorial Lecture, P-32, Nagoya University, Nagoya, Japan, January 12, 2010 (Poster)

(8) Haruka Omachi, Hiroko Takaba, Shinpei Miyamoto, Sanae Matsuura, Hiromi Sekizawa, and Kenichiro Itami “Synthetic Studies of Cycloparaphenylenes” The 3rd International Conference on Joint Project of Chemical Synthesis Core Research Institutions, P-42, Nagoya University, Nagoya, Japan, January 7, 2010 (Poster)

(7) Kirika Ueda, Shuichi Yanagisawa, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami “β-Selective C–H Bond Arylation of Thiophenes” The 3rd International Conference on Joint Project of Chemical Synthesis Core Research Institutions, P-41, Nagoya University, Nagoya, Japan, January 7, 2010 (Poster)

(6) Haruka Omachi, Hiroko Takaba, Yosuke Yamamoto, Jean Bouffard, Kenichiro Itami, “Selective Synthesis of [12]Cycloparaphenylene,” The 11th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, November 11, 2009, Kyoto, Japan.

(5) Junichiro  Yamaguchi, Jerome  Canivet, Ikuya  Ban, Kenichiro  Itami, “Nickel-Catalyzed Biaryl Coupling of Heteroarenes and Aryl Halides/Triflates” The 11th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, November 11, 2009, Kyoto, Japan.

(4) Shuichi Yanagisawa・Kirika Ueda・Hiromi Sekizawa・Kenichiro Itami, “Programmed Synthesis of Tetraarylthiophenes through Sequential C-H Arylation” The 11th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, November 11, 2009, Kyoto, Japan.

(3) Kirika Ueda, Shuichi Yanagisawa, Hiromi Sekizawa, and Kenichiro Itami, “β-Selective C–H Bond Arylation of Thiophenes with Iodoarenes,” The 11th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, November 11, 2009, Kyoto, Japan.

(2) Haruka Omachi, Hiroko Takaba, Yosuke Yamamoto, Jean Bouffard, Kenichiro Itami, “Selective Synthesis of [12]Cycloparaphenylene,” The 6th Joint Seminar of Münster University & Nagoya University, September 29, 2009, Nagoya, Japan.

(1) Takuya Yamamoto, Benoit Join, Kenichiro Itami, “Iridium Catalysis for  C-H Bond Arylation of Heteroarenes with Iodoarenes,” The 6th Joint Seminar of Münster University & Nagoya University, Sep 29, 2009, Nagoya, Japan.

  • Domestic conference

(33) 大町遼・松浦沙奈枝・宮本慎平・伊丹健一郎
「シクロパラフェニレンの合成研究(2)」
日本化学会第90春季年会 3E6-57 近畿大学 大阪 2010年3月28日(口頭)

(32) 宮本慎平・大町遼・鷹羽裕子・関澤裕美・伊丹健一郎
「シクロパラフェニレンの合成研究(1)」
日本化学会第90春季年会 3E6-55 近畿大学 大阪 2010年3月28日(口頭)

(31) 南保正和・若宮淳志・山口茂弘・伊丹健一郎
「Pd触媒によるC60の位置選択的テトラアリル化反応」
日本化学会第90春季年会 3E6-54 近畿大学 大阪 2010年3月28日(口頭)

(30) 山口潤一郎・Debashis Mandal・山口敦史・植田桐加・伊丹健一郎
「天然物合成を指向したインドール類とアジン類のC—H直接連結反応」
日本化学会第90春季年会 2F1-43 近畿大学 大阪 2010年3月27日(口頭)

(29) 植田桐加・柳澤周一・瀬川泰知・伊丹健一郎
「チオフェン類のβ位選択的C–Hアリール化反応」
日本化学会第90春季年会 2F1-42 近畿大学 大阪 2010年3月27日(口頭)

(28) Shuichi Yanagisawa・Kirika Ueda・Hiromi Sekizawa・Kenichiro Itami, “Programmed Synthesis of Tetraarylthiophenes through Sequential C-H Arylation” 名古屋大学G-COE 第三回物質科学フロンティアセミナー  – ものづくりを基盤とする最先端科学:分子の設計、創造、そして解明 – 2009年 11月30日、名古屋大学(ポスター)

(27) 大町遼・鷹羽 裕子・松浦 沙奈枝・宮本 慎平・伊丹 健一郎、「シクロパラフェニレンの合成」、第3回物質科学フロンティアセミナー「ものづくりを基盤とする最先端科学:分子の設計、創造、そして解明」、平成21年11月30日、名古屋(口頭)

(26) Kirika Ueda, Shuichi Yanagisawa, Hiromi Sekizawa, and Kenichiro Itami, “β-Selective C-H Bond Arylation of Thiophenes with Iodoarenes”、名古屋大学G-COE 第3回物質科学フロンティアセミナー、平成21年11月30日、名古屋大学 (ポスター)

(25) 山口潤一郎 「炭素—水素結合の直接変換を鍵とする生理活性物質の合成」文部科学省特別教育研究経費 物質合成研究拠点機関連携事業 第5回物質合成シンポジウム、平成21年11月19日、京都大学(依頼講演)

(24) Takehisa Maekawa, Jean Bouffard, Kenichiro Itami, “Organoboron-Based Arylation of Carbonyls and Alcohols by Nickel Catalyst” 、文部科学省特別教育研究経費 物質合成研究拠点機関連携事業 第5回物質合成シンポジウム、平成21年11月19日、京都大学(ポスター)

(23) Masakazu Nambo, Atsushi Wakamiya, Shigehiro Yamaguchi, Kenichiro Itami,”Regioselective Unsymmetrical Tetraallylation of C60 through Palladium Catalysis” 第五回物質合成シンポジウム、平成21年11月19日、京都大学(ポスター)

(22) 柳澤周一・植田桐加・関澤裕美・伊丹健一郎、「逐次的C-Hアリール化によるテトラアリールチオフェンのプログラム合成」ポスト名古屋メダルセミナー、平成21年 11月17日、名古屋大学 (口頭)

(21) 山口潤一郎・伊丹健一郎 「炭素—水素結合の直接変換を鍵とする生理活性物質の合成」、大学間連携第4回若手フォーラム、平成21年11月2日、本能寺ホテル、京都(依頼講演)

(20) 山本拓矢・Benoit Join・伊丹健一郎、「Iridium Catalysis for  C-H Bond Arylation of Heteroarenes with Iodoarenes」、第26回有機合成化学セミナー、平成21年9月16日、前橋市中央公民館(ポスター)

(19) Shuichi Yanagisawa・Kirika Ueda・Hiromi Sekizawa・Kenichiro Itami, “Programmed Synthesis of Tetraarylthiophenes through Sequential C-H Arylation”第56回有機金属討論会、平成21年9月9日、同志社大学(口頭)

(18) 山本拓矢・Benoit Join・伊丹健一郎、「イリジウム触媒によるヘテロ芳香環のC-H結合アリール化反応」、第56回有機金属化学討論会、平成21年9月10日、同志社大学(ポスター)

(17) 大町遼・鷹羽裕子・山本洋輔・Jean Bouffard・伊丹健一郎、「[12]シクロパラフェニレンの合成」、第56回有機金属化学討論会、平成21年9月10日、京都(ポスター)

(16) 山本拓矢・Benoit Join・伊丹健一郎、「Iridium Catalysis for  C-H Bond Arylation of Heteroarenes with Iodoarenes」、G-COE 成果報告会 2009、平成21年6月9日、名古屋大学(ポスター)

(15) 大町遼・鷹羽裕子・山本洋輔・Jean Bouffard・伊丹健一郎、「Selective Synthesis of [12]Cycloparaphenylene」、G-COE成果報告会2009、平成21年6月9日、名古屋(ポスター)

(14) Shuichi Yanagisawa, Kirika Ueda, Hiromi Sekizawa, Kenichiro Itami, “Programmed Synthesis of Tetraarylthiophenes through Sequential C-H Arylation” 名古屋大学G-COE成果報告会、平成21年 6月9日、名古屋大学 (ポスター)

(13) Kirika Ueda, Shuichi Yanagisawa, Hiromi Sekizawa, and Kenichiro Itami, “β-Selective C-H Bond Arylation of Thiophenes with Iodoarenes”、名古屋大学G-COE 成果報告会、平成21年6月9日、名古屋大学 (ポスター)

(12) 山口潤一郎・Jerome  Canivet, 伴育哉, 伊丹 健一郎, “Nickel-Catalyzed Biaryl Coupling of Heteroarenes and Aryl Halides/Triflates” 、名古屋大学G-COE 成果報告会、平成21年6月9日、名古屋大学 (ポスター)

(11) 山本拓矢・Benoit Join・伊丹健一郎、「Ir/PCy3触媒によるヘテロ芳香環のC-H結合アリール化」、日本化学会第89春季年会、平成21330日、千葉(口頭)

(10) 植田桐加・柳澤周一・関澤裕美・伊丹健一郎、「Pd/P[OCH(CF3)2]3触媒によるヘテロ芳香環C-H結合アリール化の位置選択性」、日本化学会第89春季年会、平成21330日、千葉(口頭)

(9) 柳澤周一・植田桐加・関澤裕美・伊丹健一郎、「芳香環の直接アリール化触媒の開発とオリゴアレーンのプログラム合成」、日本化学会第89春季年会、平成21330日、千葉(口頭)

(8) Jean Bouffard・伊丹健一郎、「Ni触媒によるアリールボロン酸エステルのケトン類への付加反応」、日本化学会第89春季年会、平成21328日、千葉(口頭)

(7) 山口潤一郎・Jerome Canivet・伴育哉・伊丹健一郎、「Ni触媒によるヘテロ芳香族化合物とハロゲン化アリールのカップリング」、日本化学会第89春季年会、平成21328日、千葉(口頭)

(6) 南保正和・森進・伊丹健一郎、「パラジウム触媒によるフラーレンの化学変換」、日本化学会第89春季年会、平成21327日、千葉(口頭)

(5) Masakazu Nambo, Susumu Mori, Kenichiro Itami, “Chemical Modification of Fullerene through Palladium Catalysis”、第36回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム、平成2132日、名城大学(ポスター)

(4) Masakazu Nambo, Susumu Mori, Kenichiro Itami, “Fullerene Functionalization through Palladium Catalysis”、文部科学省特別教育研究経費 物質合成研究拠点機関連携事業 第4回物質合成シンポジウム「合成化学とナノ科学の接点」、平成21123日、名古屋大学(ポスター)

(3) Jerome Canivet, Junichiro Yamaguchi, Ikuya Ban, Kenichiro Itami, “Nickel-Catalyzed Biaryl Cross-Coupling of Heteroarenes and Haloarenes”、文部科学省特別教育研究経費 物質合成研究拠点機関連携事業 第4回物質合成シンポジウム「合成化学とナノ科学の接点」、平成21123日、名古屋大学(ポスター)

(2) Benoit Join, Takuya Yamamoto, Kenichiro Itami, “Iridium-Catalyzed Heterobiaryl Synthesis by C-H Bond Functionalization”、文部科学省特別教育研究経費 物質合成研究拠点機関連携事業 第4回物質合成シンポジウム「合成化学とナノ科学の接点」、平成21123日、名古屋大学(ポスター)

(1) Shuichi Yanagisawa, Kirika Ueda, Hiromi Sekizawa, Kenichiro Itami, “Programmed Synthesis of Tetraarylthiophenes by Sequential C-H Bond Arylation”、文部科学省特別教育研究経費 物質合成研究拠点機関連携事業 第4回物質合成シンポジウム「合成化学とナノ科学の接点」、平成21123日、名古屋大学(ポスター)

Related post

  1. Kirika Ueda
  2. Shuichi Yanagisawa
  3. Chao-Jun Li
  4. (日本語) 骨格化合物を効率合成 日刊工業新聞 2011年12月…
  5. Chunichi20101126
  6. Olivier Coutelier
  7. (日本語) 新種のかご分子 -Newton 2012年12月号-…
  8. Susumu Mori

Twitter@Itami Lab

Itami Lab Facebook

Instagram@Itami Lab

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP