ブログ

Key Mechanistic Features of Ni-catalyzed C–H/C–O Biaryl Coupling of Azoles and Naphthalen-2-yl Pivalates

Huiying Xu, Kei Muto, Junichiro Yamaguchi, Cunyuan Zhao, Djamaladdin G Musaev, and Kenichiro Itami

J. Am. Chem. Soc. 2014, Accepted Manuscript. DOI: 10.1021/ja5071174

我々は以前ニッケル触媒を用いたアゾール類とフェノール誘導体とのC–H/C–Oカップリングを開発し、想定中間体の単離、速度論実験を通して機構解明研究を報告した(J. Am. Chem. Soc. 2012, 134, 169; J. Am. Chem. Soc. 2013, 135, 16384)。前回の機構解明研究では主にC–O結合活性化のステップを明らかにしたが、C–H結合活性化ステップの理解は十分ではなかった。今回、計算化学と実験化学の両面からC–H結合活性化のステップを詳細に研究した。その結果、塩基として用いているCs2CO3が触媒サイクル中間体Ar–Ni–(OPiv)とクラスター形成することが鍵であり、アゾールのC–H結合ニッケル化の活性化エネルギーを下げていることがわかった。
なお本研究は、アメリカ、Emory大学Musaev教授との共同研究である。

 

関連記事

  1. Helically Twisted Tetracene: Syn…
  2. Recent Advances in C-H Activatio…
  3. ニッケル触媒直接カップリング反応の開発と機構解明研究
  4. Synthesis and Size-Dependent Pro…
  5. Synthesis and Properties of Cycl…
  6. β-Selective C–H Arylation of Pyr…
  7. Hindered Biaryls by C–H Coupling…
  8. CH Alkenylation of Azoles with E…

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP