Blog

2013年度学会発表

  • International conference

(21) Ryosuke Takise, Kei Muto, Junichiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami “Ni-Catalyzed Direct Coupling of Carbonyls and Phenol Derivatives” The 3rd International Conference on the MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis “Synergy of Theory and Molecular Transformation”, P-78, Nishijin Plaza, Kyushu University, Fukuoka, Japan, Jan. 10, 2014 (Poster)

(20) Masahiko Yoshimura, Nils Schröder, Koji Takahashi, Shinya Hagihara, Toshinori Kinoshita, and Kenichiro Itami “Development of Plant Growth Molecules” The 3rd International Conference on the MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis “Synergy of Theory and Molecular Transformation”, P-64, Nishijin Plaza, Kyushu University, Fukuoka, Japan, Jan. 10, 2014 (Poster)

(19) Yutaro Saito, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami “Ir-catalyzed Site-Selective C–H Borylation of Arenes” The 3rd International Conference on the MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis “Synergy of Theory and Molecular Transformation”, P-63, Nishijin Plaza, Kyushu University, Fukuoka, Japan, Jan. 10, 2014 (Poster)

(18) Tomotaka Namikawa, Kenji Kamada, Katsuma Matsui, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami “Two-Photon Absorption Properties of Carbon Nanorings and Nanocage” KJF International Conference on Organic Materials for Electronics and Photonics 2013, O07, Busan, Korea, Aug 30, 2013 (Oral)

(17) Yusuke Nakanishi, Haruka Omachi, Sanae Matsuura, Yasumitsu Miyata, Ryo Kitaura, Yasutomo Segawa, Kenichiro Itami, Hisanori Shinohara, “Selective Complexation of Metallofullerenes with Cycloparaphenylene” International Symposium on Novel Aromatic Compounds (ISNA-15), PSB-109, Taipei, Taiwan, Aug 2, 2013 (Poster)

(16) Akiko Yagi, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami “Synthesis and Properties of [9]Cyclo-1,4-naphthylene; A π-Extended Carbon Nanoring” International Symposium on Novel Aromatic Compounds (ISNA-15), PSB-66, Taipei, Taiwan, Aug 2, 2013 (Poster)

(15) Haruka Omachi, Takuya Nakayama, Eri Takahashi, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami
“Synthesis of Carbon Nanotubes from Cycloparaphenylenes” International Symposium on Novel Aromatic Compounds (ISNA-15), PSA-93, Taipei, Taiwan, July 31, 2013 (Poster)

(14) Yasutomo Segawa, Katsuaki Kawasumi, Kenji Mochida, Takao Fujikawa, Tomonori Kajino, Qianyan Zhang, Lawrence T. Scott, and Kenichiro Itami “Direct C–H Arylation of Polycyclic Aromatic Hydrocarbons through Palladium Catalysis” International Symposium on Novel Aromatic Compounds (ISNA-15), PSA-78, Taipei, Taiwan, July 31, 2013 (Poster)

(13) Kei Muto, Junichiro Yamaguchi, Aiwen Lei, Kenichiro Itami “Ni-Catalyzed C–H/C–O Coupling of Azoles with Phenol Derivatives: Development, Mechanistic Studies, and Applications” OMCOS17, P179, Fort Collins, Colorado, USA, Jul 29, 2013 (Poster)

(12) Kei Muto, Junichiro Yamaguchi, Kenichiro Itami “Direct C–H Arylation of Heteroarenes by Nickel Catalyst” 3rd International Symposium on Molecular Activation (ISMA3), 11, Sheraton Steamboat Resort, Colorado, USA Jul 27, 2013 (Oral)

(11) Hiroki Kondo, Kazuya Yamaguchi, Junichiro Yamaguchi, Kenichiro Itami “Hindered heterobiaryls by C–H arylation: New generation catalyst” 14th Tetrahedron Symposium, P2.50, Hilton Vienna, Vienna, Austria, June 26, 2013

(10) Takao Fujikawa, Katsuaki Kawasumi, Kenji Mochida, Yasumoto Segawa, Kenichiro Itami “Synthesis and Structure of Novel Nonplanar Polycyclic Aromatic Hydrocarbons” 43rd National Organic Chemistry Symposium, S-19, University of Washington, Seattle, USA, June 23, 2013

(9) Takao Fujikawa, Katsuaki Kawasumi, Kenji Mochida, Yasumoto Segawa, Kenichiro Itami “Synthesis and Structure of Novel Nonplanar Polycyclic Aromatic Hydrocarbon” Nagoya Symposium 2013, P4, Nagoya University, Nagoya, Japan, May 23, 2013

(8) Kyohei Ozaki, Hua Zhang, Hideto Ito, Aiwen Lei, Kenichiro Itami “Direct Indole-to-Carbazole π-Extension through Palladium Catalysis” Nagoya Symposium 2013, P37, Nagoya University, Nagoya, Japan, May 23, 2013

(7) Tetsushi Yoshidomi, Yasutomo Segawa, Kenichiro Itami “Pyridine-Based Dicarbene Ligand: Synthesis and Structure of Bis-2-pyridylidene Palladium Complex” Nagoya Symposium 2013, P56, Nagoya University, Nagoya, Japan, May 23, 2013

(6) Kyohei Ozaki, Hua Zhang, Hideto Ito, Aiwen Lei, Kenichiro Itami “Direct Indole-to-Carbazole π-Extension through Palladium Catalysis” The 15th Joint Seminar -University of Münster and Nagoya University-, P19, Nagoya University, Nagoya, Japan, May 20, 2013 (Poster)

(5) Takahiro Uehara, Junichiro Yamaguchi, Kenichiro Itami “Pd-catalyzed C–H/C–N Arylation of 2-Aminothiazoles” The 15th Joint Seminar -University of Münster and Nagoya University-, P20, Nagoya University, Nagoya, Japan, May 20, 2013 (Poster)

(4) Hiroki Kondo, Kazuya Yamaguchi, Junichiro Yamaguchi, Kenichiro Itami, “Aromatic C–H Coupling with Hindered Arylboronic acids by Pd/Fe Dual Catalysts” The 15th Joint Seminar -University of Münster and Nagoya University-, P21, Nagoya University, Nagoya, Japan, May 20, 2013 (Poster)

(3) Takao Fujikawa, Katsuaki Kawasumi, Kenji Mochida, Yasumoto Segawa, Kenichiro Itami “Synthesis and Structure of Novel Nonplanar Polycyclic Aromatic Hydrocarbon” The 15th Joint Seminar -University of Münster and Nagoya University-, P22, Nagoya University, Nagoya, Japan, May 20, 2013 (Poster)

(2) Tetsushi Yoshidomi, Yasutomo Segawa, Kenichiro Itami, “Pyridine-Based Dicarbene Ligand: Synthesis and Structure of Bis-2-pyridylidene Palladium Complex” The 15th Joint Seminar -University of Münster and Nagoya University-, P23, Nagoya University, Nagoya, Japan, May 20, 2013 (Poster)

(1) Kazuhiro Hata, Zhiheng He, Kenichiro Itami, Armido Studer “Palladium-catalyzed Carboxylation of Benzofurans with Arylboronic Acids and Carboxylic Acids”
The 15th Joint Seminar -University of Münster and Nagoya University-, Nagoya University, Nagoya, Japan, May 21, 2013 (Oral)

  • Domestic conference

(23) 鈴木真・瀬川泰知・山口潤一郎・伊丹健一郎

「ヘキサアリールベンゼンのプログラム合成法の開発」

日本化学会第94年会 4B4-11 名古屋大学東山キャンパス 愛知 2014年3月30日(口頭)

(22) Ryosuke Takise・Kei Muto・Junichiro Yamaguchi・Kenichiro Itami

「Nickel-Catalyzed Direct Coupling of Carbonyls and Phenol Derivatives」

日本化学会第94年会 4B1-13 名古屋大学東山キャンパス 愛知 2014年3月30日(口頭)

(21) Kei Muto・Junichiro・Yamaguchi・Kenichiro Itami

「Nickel-Catalyzed C–H/C–O Biaryl Coupling: Catalyst Development and Mechanistic Studies」

日本化学会第94年会 4B1-11 名古屋大学東山キャンパス 愛知 2014年3月30日(口頭)

(20) 吉村柾彦・Nils Schröder・Hua Zhang・萩原伸也・高橋宏二・木下俊則・伊丹 健一郎

「植物の成長を制御する機能性分子の開発(2):新奇オーキシン類縁体のSAR」

日本化学会第94年会 3G4-02 名古屋大学東山キャンパス 愛知 2014年3月29日(口頭)

(19) 吉村柾彦・萩原伸也・高橋宏二・木下俊則・伊丹健一郎

「植物の成長を制御する機能性分子の開発(1):受容体選択的な作用分子の設計」

日本化学会第94年会 3G4-01 名古屋大学東山キャンパス 愛知 2014年3月29日(口頭)

(18) 宮村 伸・山口 潤一郎・伊丹 健一郎

「C–H活性化によるアリールシクロプロピルアミン誘導体の合成」

日本化学会第94年会 2B4-13 名古屋大学東山キャンパス 愛知 2014年3月28日(口頭)

(17) Kyohei Ozaki・Katsuaki Kawasumi・Hideto Ito・Kenichiro Itami

「Palladium-catalyzed One-shot Aromatic π-Extension of Polycyclic Aromatic Hydrocarbons」

日本化学会第94年会 1B4-01 名古屋大学東山キャンパス 愛知 2014年3月27日(口頭)

(16) 松井克磨・Friederike Sibbel・瀬川泰知・Armido Studer・伊丹健一郎

「高歪みシクロパラフェニレンの選択的合成」

日本化学会第94年会 1A7-52 名古屋大学東山キャンパス 愛知 2014年3月27日(口頭)

(15) 上原貴大・山口潤一郎・伊丹健一郎

「Pd触媒を用いた2-アミノチアゾールのC–H結合及びC–N結合アリール化反応の開発」

日本化学会第94年会 1B4-03 名古屋大学東山キャンパス 愛知 2014年3月27日(口頭)

(14) 服部圭香・ジアリ アスラ・山口潤一郎・伊丹健一郎

「Mn触媒を用いたカルボニル化合物とヘテロ芳香族化合物の直接カップリング反応」

日本化学会第94年会 1B3-04 名古屋大学東山キャンパス 愛知 2014年3月27日(口頭)

(13) 西原大志・瀬川泰知・伊丹健一郎・金光義彦

「一次元ナノリング・シクロパラフェニレンにおける励起状態ダイナミクスのサイズ依存性」

第4回統合物質シンポジウム P55 北海道大学 北海道 2013年10月31日(ポスター)

(12) 鈴木真・山口潤一郎・伊丹健一郎

「Programmed Synthesis of Hexaarylbenzene by C-H Coupling」

第4回統合物質シンポジウム P45 北海道大学 北海道 2013年10月31日(ポスター)

(11) 服部圭香・Asraa Ziadi・山口潤一郎・伊丹健一郎

「Mn-Catalyzed C-H/C-H Coupling of Carbonyl Compounds and Heteroarenes」

第4回統合物質シンポジウム P38 北海道大学 北海道 2013年10月31日(ポスター)

(10) 西原大志・瀬川泰知・伊丹健一郎・金光義彦

「一次元ナノリング・シクロパラフェニレンにおける励起状態ダイナミクスのサイズ依存性」

日本物理学会2013年秋季大会 25aDF-8 徳島大学 徳島 2013年9月25日(口頭)

(9) 並河 知孝・鎌田 賢司・松井 克磨・瀬川 泰知・伊丹 健一郎

「環状パラフェニレン化合物の励起準位構造と二光子吸収特性」

2013年光化学討論会 1P012 愛媛大学 愛媛 2013年9月11日(ポスター)

(8) 尾崎恭平・川澄克光・伊藤英人・伊丹健一郎

「パラジウム触媒を用いた多環芳香族炭化水素の直接π拡張法の開発」

第24回基礎有機化学討論会 2P057 学習院大学 東京 2013年9月6日(ポスター)

(7) 御田村侑香里・伊藤英人・瀬川泰知・伊丹健一郎

「含硫黄カーボンナノリングの合成と光物性」

第24回基礎有機化学討論会 1P065 学習院大学 東京 2013年9月5日(ポスター)

ポスター賞受賞!

(6) 荒木未紗保・山口潤一郎・伊丹健一郎

「sp3C-H結合の不斉カップリング反応」

名古屋大学若手研究者サイエンスフォーラム 名古屋大学 愛知 2013年8月8日(ポスター)

総長賞受賞!

(5) 久保田夏実・瀬川泰知・伊丹健一郎

「短いカーボンナノチューブの自在合成」

名古屋大学若手研究者サイエンスフォーラム 名古屋大学 愛知 2013年8月8日(ポスター)

(4) 秦一博・Zhiheng He・伊丹健一郎・Armido Studer

「ベンゾフランの脱芳香族化を伴うジアステレオ選択的アリールアシロキシ化反応」

第48回有機反応若手の会 デュープレックスセミナーホテル 茨城 2013年7月30日 (口頭)

(3) 武藤慶・天池一真・山口潤一郎・伊丹健一郎

「ニッケル触媒を用いたヘテロ芳香環C–H結合アリール化」

第46回有機金属若手の会 P 宮城蔵王ロイヤルホテル 宮城 2013年7月9日(ポスター)

(2) 尾崎恭平・Hua Zhang・伊藤英人・Aiwen Lei・伊丹健一郎

「パラジウム触媒を用いたインドールの直接π共役拡張反応:カルバゾール類の合成」

第46回有機金属若手の会 P94 宮城蔵王ロイヤルホテル 宮城 2013年7月9日(ポスター)

(1) 上原貴大・山口潤一郎・伊丹健一郎

「パラジウム触媒を用いた2-アミノチアゾールのC–H/C–Nアリール化反応」

第46回有機金属若手の会 P96 宮城蔵王ロイヤルホテル 宮城 2013年7月9日(ポスター)

  • 招待・依頼講演

伊丹 教授

山口 准教授

萩原 特任准教授

瀬川 特任准教授

伊藤 講師

【昨年以前の学会発表】

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

Related post

  1. Kirika Ueda
  2. 2015年度学会発表
  3. Haruka Omachi
  4. Itami Kenichiro
  5. Hisakazu Okamoto
  6. Hiroko Takaba
  7. (日本語) 博士研究員募集!
  8. Masakazu Nambo

Twitter@Itami Lab

Itami Lab Facebook

Instagram@Itami Lab

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.

Click here to troubleshoot

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP