Member

Kenta Kato

Name

Kenta Kato

E-mail

kato.kenta[ at ]c.mbox.nagoya-u.ac.jp

Research Interest

3D Nanocarbon, Warped Nanographene.

Publication

6. “Synthesis and Structural Features of Thiophene-fused Analogues of Warped Nanographene and Quintuple Helicene”
Hsing-An Lin, Kenta Kato, Yasutomo Segawa, Lawrence T. Scott, Kenichiro Itami.
Chem. Sci. 2018. Just Accepted. DOI: 10.1039/C8SC04470H

5. “Symmetric Multiple Carbohelicenes”
Kenta Kato, Yasutomo Segawa, Kenichiro Itami.
Synlett 2018. 29. Just Accepted. DOI:DOI: 10.1055/s-0037-1610283

4. “Synthesis and Structure of a Propeller-Shaped Polycyclic Aromatic Hydrocarbon Containing Seven-Membered Rings”
Kazuya Kawai, Kenta Kato, Lingqing Peng, Yasutomo Segawa,* Lawrence T. Scott, and Kenichiro Itami.
Org. Lett. 2018, 20, 1932–1935. DOI: 10.1021/acs.orglett.8b00477.

3. “A Quintuple [6]Helicene with a Corannulene Core as a C5- symmetric Propeller-shaped π-System”
Kenta Kato, Yasutomo Segawa, Lawrence T. Scott, Kenichiro Itami.
Angew. Chem., Int. Ed. 2018,57, 1337–1341.
DOI: 10.1002/anie.201711985.

2. “Phenanthro[9,10-a]corannulene by one-step annulative π-extension of corannulene”
Kenta Kato, Yasutomo Segawa, Kenichiro Itami.
Can. J. Chem. 2017, 95, 329. DOI: 10.1139/cjc-2016-0467.

1. “Synthesis, Properties, and Packing Structures of Corannulene-Based π-Systems Containing Heptagons”
Kenta Kato, Yasutomo Segawa, Lawrence T. Scott, Kenichiro Itami.
Chem. Asian J. 201510, 1635. DOI: 10.1002/asia.201500560.

Presentation

1. “Synthesis of Super Warped Nanographene”
Kenta Kato, Katsuaki Kawasumi, Yasutomo Segawa, Kenichiro Itami
The 2nd International Symposium on Transformative Bio-Molecules 2014, P-14, Noyori Conference Hall, Nagoya Universuty, Aichi(Japan), May 12, 2014. (Poster)

2. 「Synthesis of Super Warped Nanographene」
Kenta Kato, Katsuaki Kawasumi, Yasutomo Segawa, Kenichiro Itami
The 17th Joint Symposium of Core-to-Core/IRTG Programs on Elements Function for Transformative Catalysis and Materials, P-1, Noyori Materials Science Laboratory, Nagoya University, Nagoya, Japan, June 12, 2014. (Poster)

3. “Synthesis of Super Warped Nanographene”
Kenta Kato, Katsuaki Kawasumi, Yasutomo Segawa, Kenichiro Itami
C-H Coupling Catalysts: Enabling Tools for Advanced Biology and Materials, Nagoya University, Aichi(Japan), June 12, 2014. (Poster)

4. 「Synthesis of Super Warped Nanographene」
加藤健太・川澄克光・瀬川泰知・伊丹健一郎
グリーン自然科学国際教育研究プログラム IGER 2014年度年次報告会 N-1 名古屋大学 名古屋 2014年12月18日(ポスター)

5. 「Synthesis of Super Warped Nanographene」
Kenta Kato, Katsuaki Kawasumi, Yasutomo Segawa, Kenichiro Itami
第5回統合物質シンポジウム P48 名古屋大学 名古屋 2014年12月19日(ポスター)

6. “Mechanistic insight of the synthesis of warped nanographene”
Kenta Kato, Yasutomo Segawa, Kenichiro Itami
The Sixteenth International Conference on the Science and Application of Nanotubes (NT15), P335, Nagoya University, Aichi (Japan), June 30, 2015. (Poster)

7. 「7員環を有する湾曲π共役化合物の合成と性質」
加藤健太・瀬川泰知・Lawrence T. Scott・伊丹健一郎
第47回構造有機化学若手の会 夏の学校 P-44 つくばグランドホテル 茨城 2015年8月6日(ポスター)

8. “Synthesis and Properties of Corannulene-Based π-Systems Containing Heptagons”
加藤健太・瀬川泰知・Lawrence T. Scott・伊丹健一郎
グリーン自然科学国際教育研究プログラム IGER 2015年度年次報告会 N7 名古屋大学 名古屋 2016年1月8日(ポスター)

9. “Synthesis, Properties, and Packing Structures of Corannulene-Based π-Systems Containing Heptagons” Kenta Kato, Yasutomo Segawa, Lawrence T. Scott, Kenichiro Itami
The 5th International Conference on MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis “Chemical Science for Future Societies” P-03 Nagoya University, Aichi (Japan), January 29-30, 2016. (Poster)

10. 「7員環を有する湾曲芳香族炭化水素の合成および性質」
加藤健太・瀬川泰知・Lawrence T. Scott・伊丹健一郎
日本化学会 第96春季年会 4F1-15 同志社大学 京田辺キャンパス 京都府 2016年3月27日 (口頭)

11.「7員環を有する湾曲多環性芳香族炭化水素の合成および性質」
加藤健太・○瀬川泰知・Lawrence T. Scott・伊丹健一郎
第26回 基礎有機化学討論会 愛媛大学 2P-099, 2015年9月25日(ポスター)

12.「Synthesis and Structure of Corannulene-Based π-systems」
加藤健太・瀬川泰知・Lawrence T. Scott・伊丹健一郎
新・「統合物質創製化学研究推進機構」キックオフシンポジウム P-37 名古屋大学 名古屋 2016年6月23日(ポスター)

13.「コラニュレンを中心にもつ5重ヘリセンの合成と構造」
加藤健太・瀬川泰知・Lawrence T. Scott・伊丹健一郎
第48回構造有機若手の会 夏の学校 P34 白浜荘 滋賀 2016年8月5日 (ポスター)

14.「コラニュレンを中心にもつ5重ヘリセンの合成と構造」
加藤健太・瀬川泰知・Lawrence T. Scott・伊丹健一郎
第27回基礎有機 1P026 広島国際会議場 広島 2016年9月1日 (ポスター)

15.「5回対称性をもつ多重ヘリセンの合成とラセミ化障壁」
加藤健太・瀬川泰知・Lawrence T. Scott・伊丹健一郎
第10回有機π電子系シンポジウム PA19 あうる京北 京都府立ゼミナールハウス 京都 2016年12月16日 (ポスター)

16.「5回対称性をもつ多重ヘリセンの合成とラセミ化障壁」
加藤健太・瀬川泰知・Lawrence T. Scott・伊丹健一郎
グリーン自然科学国際教育研究プログラム IGER 2016年度年次報告会 G-38 名古屋大学 愛知 2017年1月13日(ポスター)

17.「Synthesis and Structure of Corannulene-Based Quintuple [6]helicene」
Kenta Kato, Yasutomo Segawa, Lawrence T. Scott, Kenichiro Itami
17th International Symposium on Novel Aromatic Compounds (ISNA’17), P-64, Stony Brook University, New York (USA), July 24-25, 2017. (Poster)

Poster Aword!

18.「Synthesis and Structure of Corannulene-Based Quintuple [6]helicene」
Kenta Kato, Yasutomo Segawa, Lawrence T. Scott, Kenichiro Itami
International ERATO Itami Molecular Nanocarbon Symposium 2017, P-41, Noyori Conference Hall, Nagoya University, Aichi (Japan), Augst 3-4, 2017. (Poster)

19.「コラニュレンを中心にもつ5重ヘリセンの合成と構造」
加藤健太・瀬川泰知・伊丹健一郎
第7回 CSJ化学フェスタ 2017 P1-019 タワーホール船堀 東京 2017年10月17日-19日 (ポスター)

20.「コラニュレンを基盤とする新奇湾曲多環芳香族炭化水素の合成と構造」
加藤健太・瀬川泰知・Lawrence T. Scott・伊丹健一郎
第4回公開シンポジウム P-10 東京工業大学 蔵前会館 ロイアルブルーホール(大岡山キャンパス)東京 2017年10月19日-20日 (ポスター)

21.「コラニュレンを基盤とする新奇湾曲多環芳香族炭化水素の合成と構造」
加藤健太・瀬川泰知・Lawrence T. Scott・伊丹健一郎
第4回π造形科学若手研究会 P-28 横浜研修センター 横浜 2017年12月15日-16日 (ポスター)

22.「Synthesis and stractures od a corannulene-cored quintuple [6]helicene」
加藤健太・瀬川泰知・Lawrence T. Scott・伊丹健一郎
グリーン自然科学国際教育研究プログラム IGER 2017年度年次報告会 G-33 名古屋大学 名古屋 2018年1月10日(ポスター)

23.「Synthesis and structures of a quintuple [6]helicene with a corannulene core」
加藤健太・瀬川泰知・Lawrence T. Scott・伊丹健一郎
日本化学会 第98春季年会 2F3-36 日本大学理工学部 船橋キャンパス 千葉 2018年3月21日 (口頭)

CSJ Student Presentation Award!

24.「Synthesis and Structure of Corannulene-Based Quintuple [6]helicene」
Kenta Kato, Yasutomo Segawa, Lawrence T. Scott, Kenichiro Itami
Enabling Excellence Japanese-European Workshops, Talk NU 4, Chemistry Gallery, Research Center for Material Science, Nagoya University, Aichi (Japan), May 28th, 2018. (Oral)

25.「湾曲ナノグラフェンの一次元自己集積化」
加藤健太、瀬川泰知、Lawrence T. Scott、伊丹健一郎
第50回構造有機若手の会 夏の学校 P49 湯の山温泉 湯元 グリーンホテル 三重 2018年8月8-9日 (ポスター)

26.「湾曲ナノグラフェンの一次元自己集積化」
加藤健太、瀬川泰知、Lawrence T. Scott、伊丹健一郎
第29回基礎有機 1P017 東京工業大学大岡山キャンパス 東京 2018年9月6日 (ポスター)

Poster Aword!

27.「湾曲ナノグラフェンの一次元自己集積化」
加藤健太、瀬川泰知、Lawrence T. Scott、伊丹健一郎
第67回高分子討論会 1Pf044 北海道大学 札幌キャンパス 北海道 2018年9月12日 (ポスター)

28.「One-dimentional Self-assembly of Warped Nanographene」
加藤健太, 瀬川泰知, Lawrence T. Scott, 伊丹健一郎
第5回π造形科学若手研究会 P19 西浦温泉 龍城 愛知 2018年10月5日 (ポスター)

29. 「Synthesis and Structure of a Propeller-Shaped Polycyclic Aromatic Hydrocarbon Containing Seven-Membered Rings」
川井 一矢, 加藤 健太, Lingqing Peng, 瀬川 泰知, Lawrence T. Scott, 伊丹 健一郎
第5回π造形科学若手研究会 P20 西浦温泉 龍城 愛知 2018年10月5日 (ポスター)

30. 「湾曲ナノグラフェンの一次元自己集積化」
加藤健太, 瀬川泰知, Lawrence T. Scott, 伊丹健一郎
ITbM/IGER Chemistry Workshop 2018 P25 名古屋大学 名古屋大学 東山キャンパス 愛知 2018年12月10日 (ポスター)

31.「One-dimentional Self-assembly of Warped Nanographene」
加藤健太, 瀬川泰知, Lawrence T. Scott, 伊丹健一郎
グリーン自然科学国際教育研究プログラム IGER 2018年度年次報告会 G-37 名古屋大学 野依学術記念交流館 愛知 2019年1月9日(ポスター)

 

Our Member

  1. Hiroki Sato
  2. Hidehumi Nakatsuji
  3. Greco Gonzalez Miera
  4. Genki Mori
  5. Duong Nguyen Dinh
  6. Kwan Yin Cheung
  7. David Robert Levine
  8. Mizuho Uriu

    D1。

  9. Yugo Aoki

    伊丹研のリアクション芸人。

  10. Mai Nagase
  11. Eri Makino
  12. Kaho Matsushima
  13. Bumpei Maeda
  14. Hiroki Shudo
  15. Maciej Krzeszewski
  16. Chaolumen
  17. Yuanming Li
  18. Sakura Miyauchi

    M1

  19. Satoshi Matsubara

    Nice to meet you!

  20. Shusei Fujiki

    Nice to meet you!

  21. Kou Kawahara

    Nice to meet you!

  22. Rika M. Kato

    Call me Monica!

  23. Ayaka Ueda

    Ueda rice Ayaka

  24. Ryo Okude

    Nice to meet you! No.9

  25. Akiko Yagi

    I love Ramen.

  26. Yota Sakakibara

    Fine young man

  27. Ayana Mashimo

    Angle in ITbM F3

  28. Kazuya Kawai

    healing

  29. Taito Hiraga

    Yes falling love! ❤️

  30. Michihisa Toya

    Love Sports

  31. Yip Shu Jan (Alicia)

    1st Year PhD. Malaysian.

  32. Wataru Matsuoka

    AgO, AgO, AgO, AgO!!!

  33. Ryotaro Yamada

    D2

  34. Yuuta Yano

    Graphene Yanoribbon

  35. Shuya Yamada

    D2 ITbM5F

  36. Takehisa Maekawa
  37. Kei Murakami

    (日本語) 特任准教授になりました 

  38. Shun Yamashita

    D3

  39. Kenta Kato

    I'm a good soup-maker!

  40. Oshima Tsuyoshi

    D3 時計ぐーるぐーるぐーる

  41. Hideto Ito

    Assoc. Prof. I Love Alkyne and Camera.

  42. Kenichiro Itami

    教授・ITbM拠点長・伊丹ナノカーボンプロジェクト統括。

PAGE TOP