Member

加藤 健太

Name

Kenta Kato

E-mail

kato.kenta[ at ]c.mbox.nagoya-u.ac.jp

Research Interest

3D Nanocarbon, Warped Nanographene.

Publication

4. “Synthesis and Structure of a Propeller-Shaped Polycyclic Aromatic Hydrocarbon Containing Seven-Membered Rings”
Kazuya Kawai, Kenta Kato, Lingqing Peng, Yasutomo Segawa,* Lawrence T. Scott, and Kenichiro Itami.
Org. Lett. 2018, ASAP. DOI: 10.1021/acs.orglett.8b00477.

3. “A Quintuple [6]Helicene with a Corannulene Core as a C5- symmetric Propeller-shaped π-System”
Kenta Kato, Yasutomo Segawa, Lawrence T. Scott, Kenichiro Itami.
Angew. Chem., Int. Ed. 2018. DOI: 10.1002/anie.201711985.

2. “Phenanthro[9,10-a]corannulene by one-step annulative π-extension of corannulene”
Kenta Kato, Yasutomo Segawa, Kenichiro Itami.
Can. J. Chem. 2017, 95, 329. DOI: 10.1139/cjc-2016-0467.

1. “Synthesis, Properties, and Packing Structures of Corannulene-Based π-Systems Containing Heptagons”
Kenta Kato, Yasutomo Segawa, Lawrence T. Scott, Kenichiro Itami.
Chem. Asian J. 201510, 1635. DOI: 10.1002/asia.201500560.

Presentation

1. “Synthesis of Super Warped Nanographene”
Kenta Kato, Katsuaki Kawasumi, Yasutomo Segawa, Kenichiro Itami
The 2nd International Symposium on Transformative Bio-Molecules 2014, P-14, Noyori Conference Hall, Nagoya Universuty, Aichi(Japan), May 12, 2014. (Poster)

2. 「Synthesis of Super Warped Nanographene」
Kenta Kato, Katsuaki Kawasumi, Yasutomo Segawa, Kenichiro Itami
The 17th Joint Symposium of Core-to-Core/IRTG Programs on Elements Function for Transformative Catalysis and Materials, P-1, Noyori Materials Science Laboratory, Nagoya University, Nagoya, Japan, June 12, 2014. (Poster)

3. “Synthesis of Super Warped Nanographene”
Kenta Kato, Katsuaki Kawasumi, Yasutomo Segawa, Kenichiro Itami
C-H Coupling Catalysts: Enabling Tools for Advanced Biology and Materials, Nagoya University, Aichi(Japan), June 12, 2014. (Poster)

4. 「Synthesis of Super Warped Nanographene」
加藤健太・川澄克光・瀬川泰知・伊丹健一郎
グリーン自然科学国際教育研究プログラム IGER 2014年度年次報告会 N-1 名古屋大学 名古屋 2014年12月18日(ポスター)

5. 「Synthesis of Super Warped Nanographene」
Kenta Kato, Katsuaki Kawasumi, Yasutomo Segawa, Kenichiro Itami
第5回統合物質シンポジウム P48 名古屋大学 名古屋 2014年12月19日(ポスター)

6. “Mechanistic insight of the synthesis of warped nanographene”
Kenta Kato, Yasutomo Segawa, Kenichiro Itami
The Sixteenth International Conference on the Science and Application of Nanotubes (NT15), P335, Nagoya University, Aichi (Japan), June 30, 2015. (Poster)

7. 「7員環を有する湾曲π共役化合物の合成と性質」
加藤健太・瀬川泰知・Lawrence T. Scott・伊丹健一郎
第47回構造有機化学若手の会 夏の学校 P-44 つくばグランドホテル 茨城 2015年8月6日(ポスター)

8. “Synthesis and Properties of Corannulene-Based π-Systems Containing Heptagons”
加藤健太・瀬川泰知・Lawrence T. Scott・伊丹健一郎
グリーン自然科学国際教育研究プログラム IGER 2015年度年次報告会 N7 名古屋大学 名古屋 2016年1月8日(ポスター)

9. “Synthesis, Properties, and Packing Structures of Corannulene-Based π-Systems Containing Heptagons” Kenta Kato, Yasutomo Segawa, Lawrence T. Scott, Kenichiro Itami
The 5th International Conference on MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis “Chemical Science for Future Societies” P-03 Nagoya University, Aichi (Japan), January 29-30, 2016. (Poster)

10. 「7員環を有する湾曲芳香族炭化水素の合成および性質」
加藤健太・瀬川泰知・Lawrence T. Scott・伊丹健一郎
日本化学会 第96春季年会 4F1-15 同志社大学 京田辺キャンパス 京都府 2016年3月27日 (口頭)

11.「7員環を有する湾曲多環性芳香族炭化水素の合成および性質」
加藤健太・○瀬川泰知・Lawrence T. Scott・伊丹健一郎
第26回 基礎有機化学討論会 愛媛大学 2P-099, 2015年9月25日(ポスター)

12.「Synthesis and Structure of Corannulene-Based π-systems」
加藤健太・瀬川泰知・Lawrence T. Scott・伊丹健一郎
新・「統合物質創製化学研究推進機構」キックオフシンポジウム P-37 名古屋大学 名古屋 2016年6月23日(ポスター)

13.「コラニュレンを中心にもつ5重ヘリセンの合成と構造」
加藤健太・瀬川泰知・Lawrence T. Scott・伊丹健一郎
第48回構造有機若手の会 夏の学校 P34 白浜荘 滋賀 2016年8月5日 (ポスター)

14.「コラニュレンを中心にもつ5重ヘリセンの合成と構造」
加藤健太・瀬川泰知・Lawrence T. Scott・伊丹健一郎
第27回基礎有機 1P026 広島国際会議場 広島 2016年9月1日 (ポスター)

15.「5回対称性をもつ多重ヘリセンの合成とラセミ化障壁」
加藤健太・瀬川泰知・Lawrence T. Scott・伊丹健一郎
第10回有機π電子系シンポジウム PA19 あうる京北 京都府立ゼミナールハウス 京都 2016年12月16日 (ポスター)

16.「5回対称性をもつ多重ヘリセンの合成とラセミ化障壁」
加藤健太・瀬川泰知・Lawrence T. Scott・伊丹健一郎
グリーン自然科学国際教育研究プログラム IGER 2016年度年次報告会 G-38 名古屋大学 愛知 2017年1月13日(ポスター)

17.「Synthesis and Structure of Corannulene-Based Quintuple [6]helicene」
Kenta Kato, Yasutomo Segawa, Lawrence T. Scott, Kenichiro Itami
17th International Symposium on Novel Aromatic Compounds (ISNA’17), P-64, Stony Brook University, New York (USA), July 24-25, 2017. (Poster)

ポスター賞受賞!

18.「Synthesis and Structure of Corannulene-Based Quintuple [6]helicene」
Kenta Kato, Yasutomo Segawa, Lawrence T. Scott, Kenichiro Itami
International ERATO Itami Molecular Nanocarbon Symposium 2017, P-41, Noyori Conference Hall, Nagoya University, Aichi (Japan), Augst 3-4, 2017. (Poster)

19.「コラニュレンを中心にもつ5重ヘリセンの合成と構造」
加藤健太・瀬川泰知・伊丹健一郎
第7回 CSJ化学フェスタ 2017 P1-019 タワーホール船堀 東京 2017年10月17日-19日 (ポスター)

20.「コラニュレンを基盤とする新奇湾曲多環芳香族炭化水素の合成と構造」
加藤健太・瀬川泰知・Lawrence T. Scott・伊丹健一郎
第4回公開シンポジウム P-10 東京工業大学 蔵前会館 ロイアルブルーホール(大岡山キャンパス)東京 2017年10月19日-20日 (ポスター)

21.「コラニュレンを基盤とする新奇湾曲多環芳香族炭化水素の合成と構造」
加藤健太・瀬川泰知・Lawrence T. Scott・伊丹健一郎
第4回π造形科学若手研究会 P-28 横浜研修センター 横浜 2017年12月15日-16日 (ポスター)

22.「Synthesis and stractures od a corannulene-cored quintuple [6]helicene」
加藤健太・瀬川泰知・Lawrence T. Scott・伊丹健一郎
グリーン自然科学国際教育研究プログラム IGER 2017年度年次報告会 G-33 名古屋大学 名古屋 2018年1月10日(ポスター)

23.「Synthesis and structures of a quintuple [6]helicene with a corannulene core」
加藤健太・瀬川泰知・Lawrence T. Scott・伊丹健一郎
日本化学会 第98春季年会 2F3-36 日本大学理工学部 船橋キャンパス 千葉 2018年3月21日 (口頭)

24.「Synthesis and Structure of Corannulene-Based Quintuple [6]helicene」
Kenta Kato, Yasutomo Segawa, Lawrence T. Scott, Kenichiro Itami
Enabling Excellence Japanese-European Workshops, Talk NU 4, Chemistry Gallery, Research Center for Material Science, Nagoya University, Aichi (Japan), May 28th, 2018. (Oral)

 

Our Member

  1. Louis Evans
  2. Jake Wilson
  3. David Robert Levine
  4. 瓜生 瑞穂

    D1。

  5. 青木 優吾
  6. 長瀬 真依
  7. 牧野 恵利
  8. 松島 佳保
  9. 前田 文平
  10. 周戸 大季
  11. Maciej Krzeszewski
  12. 朝魯門
  13. Yuanming Li
  14. 宮内 紗久良

    M1 今日も元気に

  15. 松原 聡志

    時は来た、それだけだ。

  16. 藤木 秀成

    はやく人間になりたい

  17. 川原 巧

    よろしくおねがいします!

  18. 加藤 里佳

    もにかです。M1です。今年もいっぱい食べます。

  19. 上田 彩果

    米中心生活

  20. 奥出 諒

    博士課程進学目指して頑張ります!

  21. 八木 亜樹子

    助教として戻ってきました。好きなものはラーメン。昭和区。

  22. Gregory Perry
  23. 榊原 陽太

    好青年

  24. 眞下 恵奈

    M2。飼っているネコの名前はルドルフ。

  25. 川井 一矢

    癒し系

  26. 平賀 大都

    バスケとソフトが得意です

  27. 戸谷 充寿

    スポーツ愛

  28. Yip Shu Jan (Alicia)

    M2。マレーシア人。

  29. 松岡 和

    なんでもできるひとになりたい

  30. 山田 遼太郎

    もちもちのD2 目指せ脱もちもち!

  31. 矢野 裕太

    D2。理農館5Fでグラフェン矢野リボンの研究をしています。

  32. 山田 柊哉

    ITbM5階 D2 ビールはお薬

  33. 前川 健久
  34. 村上 慧

    特任准教授になりました 

  35. 山下 隼

    もうD3です 進撃のやましゅん

  36. 加藤 健太

    汁汁味汁

  37. 大島 豪

    D3 時計ぐーるぐーるぐーる

  38. 伊藤 英人

    講師。アルキンとカメラが大好き。最近カメラ用デシケーターを買いました。伊丹研の綺麗な写真は僕がとってます。

  39. 伊丹健一郎

    教授・ITbM拠点長・伊丹ナノカーボンプロジェクト統括。

PAGE TOP