Member

瓜生 瑞穂D3

Name
瓜生 瑞穂 / Mizuho Uryu

E-mail
uriu.mizuho[at]g.mbox.nagoya-u.ac.jp

Research Interest
ナノグラフェンマテリアル合成
多環芳香族化合物

Publications
[1] Synthesis of Polybenzoacenes: Annulative Dimerization of Phenylene Triflate by Twofold C−H Activation
M. Uryu,† T. Hiraga,† Y. Koga, Y. Saito, K. Murakami,* K. Itami*
Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59, 6551-6554. (DOI: 
10.1002/anie.202001211)【detail
Highlighted in ChemistryViews

[2] Application of Polysaccharide-Based Chiral HPLC Columns for Separation of Nonenantiomeric Isomeric Mixtures of Organometallic Compounds
M. Ogasawara,* Y. Enomoto, M. Uryu, X. Yang, A. Kataoka, A. Ohnishi*
Organometallics 2019, 38, 512-518. (DOI: 
10.1021/acs.organomet.8b00819

[3] Molybdenum-Catalyzed Enantioselective Synthesis of Planar-Chiral (η5-Phosphacyclopentadienyl)manganese(I) Complexes and Application in Asymmetric Catalysis
M. Ogasawara,* Y.-Y. Tseng, M. Uryu, N. Ohya, N. Chang, H. Ishimoto, S. Arae, T. Takahashi,* K. Kamikawa*
Organometallics 2017, 36, 4061-4069. (DOI: 
10.1021/acs.organomet.7b00704

[4] Cu-Catalyzed Aerobic Oxidative C–H/C–O Cyclization of 2,2’-Binaphthols: Practical Synthesis of PXX Derivatives
T. Kamei,* M. Uryu, T. Shimada*
Org. Lett. 2017, 19, 2714-2717. (DOI: 
10.1021/acs.orglett.7b01060

[5] Rh-Catalyzed 1,4-Addition of Triallyl(aryl)silanes to α,β-Unsaturated Carbonyl Compounds
T. Kamei,* M. Uryu, T. Shimada*
Tetrahedron Lett. 2016, 57, 1622-1624. (DOI: 10.1016/j.tetlet.2016.03.002

Recent Presentation

国際会議における発表
1. T. Kamei, ◯M. Uryu, T. Shimada, “Cu-Catalyzed Aerobic Oxidative C–H Functionalization/C–O Cyclization of 2,2’-Binaphthols; Efficient Synthesis of PXX Derivatives”, The 13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-13), PC(D)-24, Kyoto, Japan, November, 2015.(ポスター)
2. T. Kamei, ◯M. Uryu, T. Shimada, “Cu-catalyzed oxidative C–H/C–O cyclization of binaphthols using air as the sole oxidant: Efficient synthesis of PXX derivatives”, The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2015), ORGN 2526, Honolulu, USA, December, 2015.(ポスター)
3. ◯M. Uryu, Y. Koga, K. Murakami, K. Itami, “Nanographene synthesis through annulative chlorophenylene dimerization” Enabling Excellence Japanese-European Workshops, Aichi, Japan, May, 2018.(ポスター)
4. ◯M. Uryu, Y. Segawa, K. Murakami, K. Itami, “Synthesis of Fully Fused HBC Dimer: Precise Synthesis through Annulative CouplingITbM-GTR Pre-ISNA Symposium, P-7, Aichi, Japan, July, 2019.(ポスター)
5. ◯M. Uryu, Y. Segawa, K. Murakami, K. Itami, “Synthesis of Fully Fused HBC Dimer: Precise Synthesis through Annulative CouplingThe 18th International Symposium on Novel Aromatic Compounds (ISNA-18), P-020, Hokkaido, Japan, July, 2019. (ポスター)

国内学会・シンポジウム等における発表
1. 亀井稔之,◯瓜生瑞穂,嶋田豊司,「ロジウム触媒を用いたアリールトリアリルシランの1,4−付加反応」,日本化学会第94春季年会,1PC-179,名古屋大学,2014年3月.(ポスター)
2. 亀井稔之,◯瓜生瑞穂,嶋田豊司,「銅触媒を用いたビナフトールの酸化的環化反応:PXX誘導体の効率的合成」,日本化学会第95春季年会,3PC-132,日本大学,2015年3月.(ポスター)
3. 亀井稔之,◯瓜生瑞穂,嶋田豊司,「空気中の酸素を再酸化剤として用いた銅触媒による酸化的 C−H 活性化/C−O 環化反応 : 効率的PXX誘導体合成法の開発」,第62回有機金属化学討論会,P3-90,関西大学,2015年9月.(ポスター)
4. 亀井稔之,◯瓜生瑞穂,嶋田豊司,「イリジウム触媒を用いたペリキサンテノキサンテンのC−Hボリル化反応」,日本化学会第96春季年会,1H7-11,同志社大学,2016年3月.(口頭)
5. ◯瓜生瑞穂,曾雅怡,石本寛人,高橋保,神川憲,小笠原正道,「不斉閉環メタセシス反応を用いた面不斉マンガン錯体の触媒的不斉合成」,2016年日本化学会中国四国支部大会,1H-10,香川大学,2016年11月.(口頭)
6. ◯瓜生瑞穂,曾雅怡,石本寛人,大矢直輝,高橋保,神川憲,小笠原正道,「モリブデン触媒閉環メタセシス反応による面不斉ホスファシクロペンタジエニル−マンガン錯体の触媒的不斉合成」,日本化学会第97春季年会,1E2-36,慶應義塾大学,2017年3月.(口頭)
7. ◯瓜生瑞穂,中島清彦,小笠原正道,「面不斉フェロセンを基盤とするP−オレフィン配位子の開発と応用」,日本化学会第98春季年会,4H1-09,日本大学,2018年3月.(口頭)
8. ◯瓜生瑞穂,古賀義人,村上慧,伊丹健一郎,「Nanographene synthesis through annulative chlorophenylene dimerization」,ITbMコンソーシアム2018年度第1回ワークショップ,P-19,名古屋大学,2018年5月.(ポスター)
9. ◯瓜生瑞穂,古賀義人,村上慧,伊丹健一郎,「クロロフェニレンの環化二量化反応によるナノグラフェン合成」,第49回中部化学関係学協会支部連合秋季大会,1PA-24,名古屋大学,2018年11月.(ポスター)
10. ◯瓜生瑞穂,古賀義人,村上慧,伊丹健一郎,「Nanographene synthesis through annulative chlorophenylene dimerization」,ITbMコンソーシアム2018年度第2回ワークショップ,P-01,名古屋大学,2018年11月.(ポスター)
11. ◯瓜生瑞穂,村上慧,伊丹健一郎,「Synthesis of Fully Fused HBC Dimer」,IGER平成30年度年次報告会,G-26,名古屋大学,2019年1月9日.(ポスター)
12. ◯瓜生瑞穂,村上慧,伊丹健一郎,「Synthesis of Fully Fused HBC Dimer」,The 5th CSRS-ITbM joint workshop,P-18,名古屋大学,2019年1月24日.(ポスター)
13. ◯瓜生瑞穂,村上慧,伊丹健一郎,「縮環ヘキサベンゾコロネンダイマーの合成」,日本化学会第99春季年会,3I3-09,甲南大学,2019年3月18日.(口頭)
14. ◯瓜生瑞穂,瀬川泰知,村上慧,伊丹健一郎,「パラジウム触媒を用いたクロロフェニレンの位置選択的環化カップリング反応:完全縮環HBCダイマーの合成」,第66回有機金属化学討論会,P3-70,首都大学東京,2019年9月16日.(ポスター)
15. ◯瓜生瑞穂,平賀大都,村上慧,伊丹健一郎,「縮環二量化反応を駆使したベンゾアセンオリゴマーの合成」,日本化学会第100春季年会,2F5-37,東京理科大学,2019年3月23日.(口頭)

Comment

Our Member

  1. 吉原空駆
  2. 藤代栞奈
  3. 遠山祥史
  4. 桂川穂奈美
  5. 大橋京夏
  6. 吉田英恵
  7. 宇佐見享嗣
  8. 山田早人
  9. Nicola Skoulding
  10. 室井優美
  11. Iain Stepek
  12. 石田 舜祐
  13. Bui Son Quy
  14. 木下 英代
  15. 天池一真
  16. 城谷 陽子
  17. 野口 貴代
  18. 植山 唯
  19. 加藤 里香
  20. 山田 圭悟
  21. 鄭 在玹
  22. 渡邊 幸佑
  23. 河野 英也
  24. 前川 海斗
  25. 加藤 江莉佳
  26. 赤上 諒
  27. 佐藤 弘規
  28. Greco Gonzalez Miera
  29. 森 元気
  30. Kwan Yin Cheung
  31. 瓜生 瑞穂
  32. 長瀬 真依
  33. 松島 佳保
  34. 前田 文平

    伊丹研の米津玄師

  35. 周戸 大季
  36. 朝魯門
  37. Yuanming Li
  38. 松原 聡志

    時は来た、それだけだ。

  39. 藤木 秀成

    はやく人間になりたい

  40. 川原 巧

    よろしくおねがいします!

  41. 上田 彩果

    米中心生活

  42. 奥出 諒

    博士課程進学目指して頑張ります!キュバンを愛し、キュバンに愛された男!

  43. 八木 亜樹子

    助教として戻ってきました。好きなものはラーメン。昭和区。

  44. 榊原 陽太

    好青年

  45. 戸谷 充寿

    スポーツ愛

  46. Yip Shu Jan (Alicia)

    D2。マレーシア人。

  47. 松岡 和

    なんでもできるひとになりたい

  48. 前川 健久
  49. 村上 慧

    特任准教授

  50. 伊藤 英人

    講師から准教授になりました。アルキンとカメラが大好き。

  51. 伊丹健一郎

    教授・ITbM拠点長・伊丹ナノカーボンプロジェクト統括。

PAGE TOP