Member

瀧瀬 瞭介Graduate Student

10509531_816310201720725_4855097482777568358_n

Name
瀧瀬 瞭介 (Ryosuke Takise)

E-mail
takise.ryosuke[at]h.mbox.nagoya-u.ac.jp

 

 

Publication
(1) Nickel-Catalyzed α-Arylation of Ketones with Phenol Derivativesスクリーンショット 2016-03-13 21.15.28
Ryosuke Takise, Kei Muto, Junichiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami
Angew. Chem., Int. Ed. 2014, 53, 6791. DOI: 10.1002/anie.201403823

(2) Nickel-Catalyzed α-Arylation of Esters and Amides with Phenol Derivative
Eva Koch, Ryosuke Takise, Armido Studer, Junichiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami
Chem. Commun. 201551, 855. DOI: 10.1039/c4cc08426h

(3) Ligand-Enabled Cross-Coupling of C(sp3)–H Bonds with Arylsilanes
Jian He, Ryosuke Takise, Haiyan Fu, and Jin-Quan Yu
J. Am. Chem. Soc. 2015, 137, 4618. DOI: 10.1021/jacs.5b00890

(4) Ligand-Promoted Borylation of C(sp3)–H Bonds with Palladium(II) Catalysts
Jian He, Heng Jiang, Ryosuke Takise, Ru-Yi Zhu, Gang Chen, Hui-Xiong Dai, T. G. Murali Dhar, Jun Shi, Hao Zhang, Peter T. W. Cheng, and Jin-Quan Yu
Angew. Chem., Int. Ed. 2016, 55, 785. DOI: 10.1002/anie.201509996

(5) Cyanation of Phenol Derivatives with Aminoacetonitriles by Nickel Catalysis
Ryosuke Takise, Kenichiro Itami, and Junichiro Yamaguchi
Org. Let. 201618, 4428. DOI: 10.1021/acs.orglett.6b02265

(6) Palladium-Catalyzed Decarbonylative Alkynylation of Aromatic Esters
Toshimasa Okita, Kazushi Kumazawa, Ryosuke Takise, Kei Muto, Kenichiro Itami, and Junichiro Yamaguchi
Chem. Lett. 2017, 46, 218. DOI: 10.1246/cl.161001

(7) Decarbonylative Diaryl Ether Synthesis by Pd and Ni Catalysis
Ryosuke Takise, Ryota Isshiki, Kei Muto, Kenichiro Itami, and Junichiro Yamaguchi
J. Am. Chem. Soc. 2017, 139, 3340. DOI: 10.1021/jacs.7b00049

International Presentation

(1) Ryosuke Takise, Kei Muto, Junichiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami “Ni-Catalyzed Direct Coupling of Carbonyls and Phenol Derivatives” The 3rd International Conference on the MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis “Synergy of Theory and Molecular Transformation”, P-78, Nishijin Plaza, Kyushu University, Fukuoka, Japan, Jun 10, 2014 (Poster)

(2) Ryosuke Takise, Eva Koch, Kei Muto, Armido Studer, Junichiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami “Ni-Catalyzed Direct Coupling of Carbonyls and Phenol Derivatives” IRTG Münster-Nagoya Abschlusssymposium, No. 7. Westfälische Wilhelms-Universität Münster, Castle of Münster, Germany, Nov 28, 2014 (Poster)

(3) Ryosuke Takise, Eva Koch, Kei Muto, Armido Studer, Junichiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami “Ni-Catalyzed Direct Coupling of Carbonyls and Phenol Derivatives” 18th IRTG Joint Symposium, Westfälische Wilhelms-Universität Münster, Hörsaalgebäude der chemischen Institute, Germany, Nov 29, 2014 (Oral)

(4) Ryosuke Takise, Junichiro Yamaguchi, and Kenichiro Itami “Catalytic Decabonylative Etherification of Aromatic Esters” 2016 International C–H Functionalization Workshop, Aichi (Japan), Jun, 2016 (Poster)

Domestic Presentation

(1) 瀧瀬瞭介・武藤慶・山口潤一郎・伊丹健一郎
「Ni触媒を用いたカルボニル化合物とフェノール誘導体との直接カップリング反応」
日本化学会 第93春季年会 1F6-49 立命館大学びわこ・くさつキャンパス 滋賀 2013年3月23日 (口頭)

(2) TAKISE, Ryosuke; MUTO, Kei; YAMAGUCHI, Junichiro; ITAMI, Kenichiro
「Nickel-Catalyzed Direct Coupling of Carbonyls and Phenol Derivatives」
日本化学会第94年会 4B1-13 名古屋大学東山キャンパス 愛知 2014年3月30日(口頭: 英語)

(3) 瀧瀬瞭介、山口潤一郎、伊丹健一郎
“Catalytic Decabonylative Etherification of Aromatic Esters”
IGER年次報告会、名古屋大学、愛知、2016年1月 (poster)

(4) 瀧瀬瞭介、山口潤一郎、伊丹健一郎
「芳香族エステルの触媒的脱カルボニル型エーテル化反応」
日本化学会 第96春季年会 3J1-09 同志社大学 京田辺キャンパス 京都府 2016年3月26日 (口頭)

(5) TAKISE, Ryosuke; YAMAGUCHI, Junichiro; ITAMI, Kenichiro
「Ni-Catalyzed Cyanation of Phenol Derivatives with Aminoacetonitriles」
日本化学会 第96春季年会 2J1-02 同志社大学 京田辺キャンパス 京都府 2016年3月25日 (口頭: 英語)

(6) 瀧瀬瞭介、伊丹健一郎、山口潤一郎
“Catalytic Decabonylative Etherification of Aromatic Esters”
ITbM/IGER Chemistry Workshop 2016, P36, Nagoya, Aichi, Japan, Dec 19, 2016 (poster)

(7) 瀧瀬瞭介、熊澤一将、一色遼大、大北俊将、武藤慶、伊丹健一郎、山口潤一郎
“Development of Catalytic Decarbonylative Transformation of Aromatic Esters”
IGER年次報告会、名古屋大学、愛知、2017年1月 (poster)

(8) TAKISE, Ryosuke; OKITA Toshimasa; ISSIKI Ryota; KUMAZAWA Kazushi; ITAMI, Kenichiro; MUTO Kei;YAMAGUCHI, Junichiro
“Development of Catalytic Decarbonylative Transformation of Aromatic Esters”
日本化学会 第97春季年会 2J1-02 慶應義塾大学 日吉キャンパス 2017年3月17日 (口頭: 英語)

Overseas Education

May. 2014 – Aug. 2014 Donna G. Blackmond lab. in The Scripps Research Institute
Aug. 2014 – Oct. 2014 Jin-Quan Yu lab. in The Scripps Research Institute
スクリーンショット 2016-03-12 17.40.54 10593230_849535655064846_7265567159516003982_n

Comment
2017年も勝負の年!頑張ります!!

Our Member

  1. Phillippa Cooper
  2. Matthew Robinson
  3. Ryan Fan
  4. Sojung Kim
  5. Yuanming Li
  6. 宮内 紗久良

    よろしくおねがいします!

  7. 松原 聡志

    よろしくおねがいします!

  8. 藤木 秀成

    よろしくおねがいします!

  9. 川原 巧

    よろしくおねがいします!

  10. 加藤 里佳

    モニカと呼んでください!

  11. 上田 彩果

    よろしくおねがいします!

  12. 奥出 諒

    博士課程進学目指して頑張ります!

  13. 八木 亜樹子

    助教として戻ってきました。好きなものはラーメン。昭和区。

  14. Gregory Perry
  15. Letitia Sarah

    にほんごのプロ

  16. 北野 浩之

    よろしくお願いします。

  17. 榊原 陽太

    好青年

  18. 眞下 恵奈

    M1。飼っているネコの名前はルドルフ。

  19. 川井 一矢

    癒し系

  20. 平賀 大都

    たまに救急車で運ばれます。

  21. 戸谷 充寿

    理農館のスポーツ王

  22. Yip Shu Jan (Alicia)

    M1。G30プログラム。いつもお腹空いてます。

  23. 松岡 和

    なんでもできるひとになりたい

  24. 林 和佳菜

    最近身長が伸びました。

  25. 鈴木 惇平

    M2。寝てません。年に2回だけ輝けます⚾。仙台の学会に行きたい⚾。

  26. 古賀 義人

    のりしお

  27. 熊澤 一将

    M1。帰国子女なので英語が堪能。NBAとラーメン大好き。

  28. 伊藤 江里

    M2。ITbM5Fで研究しています。

  29. 山田 遼太郎

    もちもちの D1。目指せ脱もちもち!

  30. 矢野 裕太

    D1。理農館5Fで研究しています。

  31. Guillaume Povie
  32. 伏見 雅子
  33. 山田 柊哉

    ITbM5階 D1 ひたすら頑張るのみ!

  34. 柴田 万織

    声が大きいです。柴犬を飼っています。

  35. 村上 慧

    特任准教授になりました 

  36. 吉村 柾彦

    D3 ヨシムラクトンの中の人。スイスイスイスーーイスイ

  37. 山下 隼

    D2 進撃のやましゅん

  38. 加藤 健太

    汁汁味汁

  39. 大島 豪

    D2 時計ぐるぐるぐるー

  40. 萩原 伸也

    准教授 ソフトボールのピッチャーになるべく練習中

  41. 瀧瀬 瞭介

    D3。最近はジンジャーハイが好き。研究室最後の1年も飲むぞ!

  42. 鈴木 真

    ベンゼン環たくさんくっつけます!

  43. 齋藤 雄太朗

    伊丹研屈指のスラッガー

  44. 伊藤 英人

    講師。アルキンとカメラが大好き。最近カメラ用デシケーターを買いました。伊丹研の綺麗な写真は僕がとってます。

  45. 伊丹健一郎

    教授・ITbM拠点長・伊丹ナノカーボンプロジェクト統括。

PAGE TOP