Member

桑原 拓也Postdoctoral Associate

Name
Takuya Kuwabara
E-mail

kuwabara.takuya[at]a.mbox.nagoya-u.ac.jp

【経歴】

2009年3月 埼玉大学理学部基礎化学科 卒業(斎藤雅一教授)

2011年3月 埼玉大学大学院理工学系研究科化学系専攻 修士課程修了(斎藤雅一教授)

2012年9月~2012年11月 ポールサバティエ大学 留学 (Prof. Tsuyoshi Kato)

2012年4月~2014年3月 日本学術振興会 特別研究員(DC2)

2014年3月 埼玉大学大学院理工学研究科理工学専攻 博士課程修了(理学)(斎藤雅一教授)

2014年4月 博士研究員・JST ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクト化学合成グループ

2015年4月 日本学術振興会特別研究員SPD

【受賞等】

2010年8月     第4回関東支部大会において学生講演賞

2011年9月     第61回錯体化学討論会において学生講演賞

2011年9月     第58回有機金属化学討論会においてポスター賞受賞

2012年5月     The 10th International Conference on Heteroatom Chemistry においてPoster Award受賞

2013年3月     日本化学会第93春季年会において学生講演賞

2013年7月     The 14th International Conference on the Coordination and Organometallic Chemistry of Germanium Tin and LeadにおいてPoster Award受賞

2016年2月 井上研究奨励賞

【外部資金獲得状況】

2011年度 笹川科学研究助成 『含スズ芳香族化合物の合成及びこれを用いた新規触媒反応の開発』

2012-13年度   科学研究費補助金(特別研究員奨励費) 『高周期14族元素と遷移金属からなる新しい芳香族化合物の創製と触媒化学への展開』

2015-17年度    科学研究費補助金(特別研究員奨励費) 『シクロパラフェニレンの自在官能基化を駆使したチューブ構造の構築と応用』

List of Publication

[15] (η4-Butadiene)Sn(0) Complexes: A New Approach for Zero-Valent p-Block Elements Utilizing a Butadiene as a 4π-Electron Donor

Takuya Kuwabara, Marisa Nakada, Jumpei Hamada, Jing Dong Guo, Shigeru Nagase, Masaichi Saito

J. Am. Chem. Soc. 2016, 138, 11378-11382. DOI: 10.1021/jacs.6b07304
Highlighted in Chemistry Views

[14] Synthesis of a Stannole Dianion Complex Bearing a μ-η11-Coordination Mode: Different Electronic State of Stannole Dianion Ligands Depending on Their Hapticity

Takuya Kuwabara, Masaichi Saito

Organometallics 2015, 34, 4202-4204. DOI: 10.1021/acs.organomet.5b00614

[13] Diverse Coordination Modes in Tin Analogues of Cyclopentadienyl Anion Depending on the Substituents on the Tin Atom

Takuya Kuwabara, Marisa Nakada, Jing-Dong Guo, Shigeru Nagase, Masaichi Saito

Dalton Trans. 2015, 44, 16266-16271. DOI: 10.1039/C5DT02202A (Selected as front inside cover, Highlighted in News Paper)

[12] Curved Oligophenylenes as Donors in Shape-Persistent Donor-Acceptor Macrocycles with Solvatofluorochromic Properties

Takuya Kuwabara, Jun Orii, Yasutomo Segawa, Kenichiro Itami

Angew. Chem. Int. Ed. 2015, 54, 9646-9649. DOI: 10.1002/anie.201503397 (Highlighted in ACS Central Science)

[11] Palladium-free Synthesis of [10]Cycloparaphenylene

Yasutomo Segawa, Takuya Kuwabara, Katsuma Matsui, Satoru Kawai, Kenichiro Itami

Tetrahedron, 2015, 26-27, 4500-4503.

[10] A Reversible Two-electron Redox System Involving a Divalent Lead Species

Masaichi Saito, Marisa Nakada, Takuya Kuwabara, Mao Minoura

Chem. Commun. 2015, 51, 4674-4676. DOI: 10.1039/C4CC09856K

[9] Synthesis, Structures and Electronic Properties of Triple- and Double-decker Ruthenocenes Incorporated by A Metallole Dianion Ligand

Takuya Kuwabara, Jing-Dong Guo, Shigeru Nagase, Takahiro Sasamori, Norihiro Tokitoh, Masaichi Saito

J. Am. Chem. Soc. 2014, 136, 13059-13064. DOI: 10.1021/ja507330p

[8] Enhancement of Stannylene Character in Stannole Dianion Equivalents Evidenced by NMR, Mössbauer Spectroscopies and Theoretical Studies of Newly Synthesized Silyl-substituted Dilithiostannoles

Takuya Kuwabara, Jing-Dong Guo, Shigeru Nagase, Mao Minoura, Rolfe H. Herber, Masaichi Saito

Organometallics 2014, 33, 2910-2913. DOI: 10.1021/om5003717

[7] Facile Synthesis of Dibenzopentalene Dianions and Their Application as New π-Extended Ligands

Takuya Kuwabara, Kazuya Ishimura, Takahiro Sasamori, Norihiro Tokitoh, and Masaichi Saito

Chem. Eur. J. 2014, 20, 7571-7575. DOI: 10.1002/chem.201402304

[6] Diversity of the Structures in a Distannene Complex and its Reduction to Generate Six-membered Ti2Sn4 Ring Complex

Takuya Kuwabara, Jing-Dong Guo, Shigeru Nagase, and Masaichi Saito

Angew. Chem. Int. Ed.  2014, 53, 434-438. DOI: 10.1002/anie.201308565

[5] Unexpected Formation of Ru2Sn2 Bicyclic Four-Membered Ring Complexes with Butterfly and Inverse-Sandwich Structures

Takuya Kuwabara, Masaichi Saito, Jing-Dong Guo, and Shigeru Nagase

Inorg. Chem. 2013, 52, 3585-3587. DOI: 10.1021/ic302782n

[4] Synthesis of a Novel Lithocene that has Aromatic-like Nature with Non-aromatic Rings

Masaichi Saito, Takuya Kuwabara, Kazuya Ishimura, Shigeru Nagase

Chem. Asian. J. 2011, 6, 2907-2910. DOI: 10.1002/asia.201100619

[3] 1,1′-Di-tert-butyl-2,2′,3,3′,4,4′,5,5′-octaethyl-1,1′-bistannole

Takuya Kuwabara, Masaichi Saito

Acta Cryst. 2011, E67, m949.

[2] Synthesis, Structure and Reaction of Tetraethyldilithiostannole
Masaichi Saito, Takuya Kuwabara, Chika Kambayashi, Michikazu Yoshioka, Kazuya Ishimura, Shigeru Nagase
Chem. Lett. 2010, 39, 700-701. DOI: 10.1246/cl.2010.700 (Selected as Editor’s Choice)

[1] Synthesis and Structures of Lithium Salts of Stannole Anions”,
Masaichi Saito, Takuya Kuwabara, Kazuya Ishimura, Shigeru Nagase
Bull. Chem. Soc. Jpn. 2010, 83, 825-827. DOI: 10.1246/bcsj.20100057

 

Our Member

  1. Gregory Perry
  2. Sho Ishida
  3. Letitia Sarah

    にほんごのプロ てきとうの女神

  4. 北野 浩之

    よろしくお願いします。

  5. 榊原 陽太

    よろしくおねがいします

  6. 齋藤 朱里

    よろしくおねがいします

  7. 眞下 恵奈

    B4。ITbM 3階のオアシス担当。飼っているネコの名前はルドルフ。

  8. 川井 一矢

    MUSCLE!!!

  9. 平賀 大都

    たいとでーす!

  10. 戸谷 充寿

    よろしくおねがいします

  11. Yip Shu Jan (Alicia)

    M1。G30プログラム。いつもお腹空いてます。

  12. 桑原 拓也

    博士研究員。埼玉大学斎藤研究室出身。現在野依研究館4Fで研究しています。

  13. 松岡 和

    なんでもできるひとになりたい

  14. 林 和佳菜

    B4やぞ!ありがとうございます。

  15. 鈴木 惇平

    M1。寝てません。年に2回だけ輝けます⚾。仙台の学会に行きたい⚾。

  16. 古賀 義人

    のりしお

  17. 熊澤 一将

    M1。帰国子女なので英語が堪能。NBAとラーメン大好き。

  18. 伊藤 江里

    M1。ITbM5Fで研究しています。

  19. 山田 遼太郎

    もちもちのM2。

  20. 矢野 裕太

    M2。理農館5Fで研究しています。

  21. Guillaume Povie
  22. 伏見 雅子
  23. 山田 柊哉

    M2 ITbM5階 毎週土曜は飲みたい気分☆

  24. 岡田 圭秀

    やみつきなものは有機合成、遅刻しないで頑張ります!!

  25. 村井 啓一郎

    街中を歩けば知り合いに出会う広い基質適用範囲(交友関係)をもっています。

  26. 柴田 万織

    声が大きいです。柴犬を飼っています。

  27. 村上 慧

    特任准教授になりました 

  28. 宇野 何岸

    D3 中国語が堪能で、よく中国人コミュニティに溶け込んでいます

  29. Asraa Ziadi

    PD 日本人になりたいです。ばすーら

  30. 吉村 柾彦

    D2 ヨシムラクトンの中の人。マラソン大好き。

  31. 山下 隼

    D1 進撃のやましゅん

  32. 加藤 健太

    汁汁味汁

  33. 大島 豪

    D1 時計ぐーるぐーる

  34. 萩原 伸也

    准教授 ソフトボールのピッチャーになるべく練習中

  35. 瀧瀬 瞭介

    もうすぐD3。ビール大好き。今年も飲むぞ〜!

  36. 鈴木 真

    ベンゼン環たくさんくっつけます!

  37. 齋藤 雄太朗

    伊丹研屈指のスラッガー

  38. 近藤 寛起

    D3 野球大好きです!がんばれドラゴンズ!

  39. 藤川 鷹王

    最近「痩せた?」とよく訊かれます

  40. 伊藤 英人

    講師。アルキンとカメラが大好き。最近スタジオセットを買いました。伊丹研の綺麗な写真は僕がとってます。

  41. 吉富 哲志

    D3 現在、本物の忍者になるべく修行中

  42. 上原 貴大

    D3やぞ!植物の生物時計解明研究。伊丹研のものまね芸人。

  43. 伊丹健一郎

    教授・ITbM拠点長・伊丹ナノカーボンプロジェクト統括。

PAGE TOP