Member

吉富 哲志

Name

Tetsushi Yoshidomi
E-mail
yoshidomi.tetsushi[あっとまーく]e.mbox.nagoya-u.ac.jp
Research Interest
pyridylidene
Recent Presentation

国内

(1)吉富哲志・瀬川泰知・伊丹健一郎

「Complexation of Bidentate Pyridylidene Ligand to Transition Metals」

第3回統合物質シンポジウム P32 西新プラザ 福岡 2012年6月1日(ポスター)

(2)吉富哲志・瀬川泰知・伊丹健一郎

「2座ピリジリデン配位子の合成と錯形成」

第44回構造有機化学若手の会 P46 ホテルミリオーネ 北海道 2012年8月3日(ポスター)

(3)吉富哲志・瀬川泰知・伊丹健一郎

「2座ピリジリデン配位子を有するパラジウム錯体の合成と構造」

日本化学会第93春季年会 3B6-05 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス 滋賀 2013年3月25日(口頭)

(4)吉富哲志・瀬川泰知・伊丹健一郎
「2座ピリジリデン配位子を有する遷移金属錯体の合成、構造、反応性」
第61回有機金属化学討論会P3C-05 九州大学 福岡 2014年 9月25日 (ポスター)

(5)吉富哲志・瀬川泰知・伊丹健一郎

「2座ピリジリデン配位子を有するパラジウム錯体の合成と反応性」

第42回有機典型元素化学討論会 P-29 名古屋大学 名古屋 2015年12月4日(ポスター)優秀ポスター賞受賞!

国際

(1)Tetsushi Yoshidomi, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami

“Synthesis and Reactivity of Palladium- and Nickel-Pyridylidene Complexes”

The 14th Joint Seminar -University of Münster and Nagoya University-, P22, Nagoya University, Nagoya, Japan, Oct 1, 2012 (Poster)

(2)Tetsushi Yoshidomi, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami

“Pyridine-based Dicarbene Ligand: Synthesis and Reactivity of Palladium- and Nickel-Pyridylidene Complex”

The 15th Joint Seminar -University of Münster and Nagoya University-, P23, Nagoya University, Nagoya, Japan, May, 2013 (Poster)

(3)Tetsushi Yoshidomi, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami

“Pyridine-based Dicarbene Ligand: Synthesis and Reactivity of Palladium- and Nickel-Pyridylidene Complex”

Nagoya Symposium 2013, P56, Nagoya University, Nagoya, Japan, May, 2013 (Poster)

(4) Tetsushi Yoshidomi, Yasutomo Segawa, Kenichiro Itami

“Pyridine-based Dicarbene Ligand: Synthesis and Structure of Bis-2-pyridylidene Palladium Complex”

XXVI International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC 2014), 2P060, Royton Sapporo, Hokkaido, Japan, July, 15, 2014 (Poster)

Publication

(1)Pyridine-Based Dicarbene Ligand: Synthesis and Structure of Bis-2-pyridylidene Palladium Complex

Tetsushi Yoshidomi, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami

Chem. Commun. 2013, 49, 5648. DOI: 10.1039/C3CC42655F 【detailMost Read Article in May 2013

(2)Enantioselective Intermolecular C–H Functionalization of Allylic and Benzylic sp3 C–H Bonds Using N-sulfonyl-1,2,3-triazoles

Robert W. Kubiak, II, Jeffrey D. Maghion, Sidney M. Wilkerson-Hill, Joshua S. Alford, Tetsushi Yoshidomi, and Huw M. L. Davies

Org. Lett. ASAP  DOI: 10.1021/acs.orglett.6b01298

Study Abroad Experience
November, 2014 – January, 2015  Huw M. L. Davies group in Emory University
Comment
現在、本物の忍者になるべく修行中!

 

Our Member

  1. Gregory Perry
  2. Sho Ishida
  3. Letitia Sarah

    にほんごのプロ てきとうの女神

  4. 北野 浩之

    よろしくお願いします。

  5. 榊原 陽太

    よろしくおねがいします

  6. 齋藤 朱里

    よろしくおねがいします

  7. 眞下 恵奈

    B4。ITbM 3階のオアシス担当。飼っているネコの名前はルドルフ。

  8. 川井 一矢

    MUSCLE!!!

  9. 平賀 大都

    たいとでーす!

  10. 戸谷 充寿

    よろしくおねがいします

  11. Yip Shu Jan (Alicia)

    M1。G30プログラム。いつもお腹空いてます。

  12. 桑原 拓也

    博士研究員。埼玉大学斎藤研究室出身。現在野依研究館4Fで研究しています。

  13. 松岡 和

    なんでもできるひとになりたい

  14. 林 和佳菜

    B4やぞ!ありがとうございます。

  15. 鈴木 惇平

    M1。寝てません。年に2回だけ輝けます⚾。仙台の学会に行きたい⚾。

  16. 古賀 義人

    のりしお

  17. 熊澤 一将

    M1。帰国子女なので英語が堪能。NBAとラーメン大好き。

  18. 伊藤 江里

    M1。ITbM5Fで研究しています。

  19. 山田 遼太郎

    もちもちのM2。

  20. 矢野 裕太

    M2。理農館5Fで研究しています。

  21. Guillaume Povie
  22. 伏見 雅子
  23. 山田 柊哉

    M2 ITbM5階 毎週土曜は飲みたい気分☆

  24. 岡田 圭秀

    やみつきなものは有機合成、遅刻しないで頑張ります!!

  25. 村井 啓一郎

    街中を歩けば知り合いに出会う広い基質適用範囲(交友関係)をもっています。

  26. 柴田 万織

    声が大きいです。柴犬を飼っています。

  27. 村上 慧

    特任准教授になりました 

  28. 宇野 何岸

    D3 中国語が堪能で、よく中国人コミュニティに溶け込んでいます

  29. Asraa Ziadi

    PD 日本人になりたいです。ばすーら

  30. 吉村 柾彦

    D2 ヨシムラクトンの中の人。マラソン大好き。

  31. 山下 隼

    D1 進撃のやましゅん

  32. 加藤 健太

    汁汁味汁

  33. 大島 豪

    D1 時計ぐーるぐーる

  34. 萩原 伸也

    准教授 ソフトボールのピッチャーになるべく練習中

  35. 瀧瀬 瞭介

    もうすぐD3。ビール大好き。今年も飲むぞ〜!

  36. 鈴木 真

    ベンゼン環たくさんくっつけます!

  37. 齋藤 雄太朗

    伊丹研屈指のスラッガー

  38. 近藤 寛起

    D3 野球大好きです!がんばれドラゴンズ!

  39. 藤川 鷹王

    最近「痩せた?」とよく訊かれます

  40. 伊藤 英人

    講師。アルキンとカメラが大好き。最近スタジオセットを買いました。伊丹研の綺麗な写真は僕がとってます。

  41. 吉富 哲志

    D3 現在、本物の忍者になるべく修行中

  42. 上原 貴大

    D3やぞ!植物の生物時計解明研究。伊丹研のものまね芸人。

  43. 伊丹健一郎

    教授・ITbM拠点長・伊丹ナノカーボンプロジェクト統括。

PAGE TOP