Member

前川 健久

 

Name

Takehisa Maekawa

Research Interest
ラジカル的な何か

Comment
もうおじいちゃんです。でも若人にはまけません!
Go! Ducks!

Recent Presentation

  1. “Organoboron-Based Arylation of Carbonyls and Alcohols by Nickel Catalyst”
    Maekawa, T.; Bouffard, J.; Itami, K.
    The 5th Symposium on Materials Synthesis Joint Project of Chemical Synthesis Core Research Institutions, Kyoto University, Kyoto, Japan, November 18, 2009.
  2. “Organoboron-Based Arylation of Carbonyls and Alcohols by Nickel Catalyst”
    Maekawa, T.; Bouffard, J.; Itami, K.
    The 9th Joint Seminar -University of Münster and Nagoya University-, P8, Nagoya University, Nagoya, Japan, May 25, 2010. (Poster)
  3. “Organoboron-Based Arylation of Carbonyls and Alcohols by Nickel Catalyst” Nagoya
    Maekawa, T.; Bouffard, J.; Itami, K.
    University Global COE in Chemistry 3rd Annual Symposium, P-25, Nagoya University, Nagoya, Japan, June 16, 2010. (Poster)
  4. “Organoboron-Based Arylation of Carbonyls and Alcohols by Nickel Catalyst”
    Maekawa, T.; Sekizawa, H.; Itami, K.
    57th Symposium on Organometallic Chemistry, Chuo University, Tokyo, Japan, September 18, 2010. (Poster)
  5. “One-pot Oxidation/Arylation of Alcohols through Nickel Catalysis”
    Maekawa, T.; Sekizawa, H.; Itami, K.
    The 91th Annual Meeting of the Chemical Society of Japan, Kanagawa, Japan, March, 2011. (Oral)
  6. “Direct Synthesis of Dibenzo[a,e]pentalene via Double C–H bond Cleavage”
    Maekawa, T.; Segawa, Y.; Itami, K.
    Challenges in Organic Chemistry and Chemical Biology (ISACS 7), Edinburgh, UK, June, 2012. (Poster)
  7. “Direct Synthesis of Dibenzo[a,e]pentalene via Double C–H bond Cleavage”
    Maekawa, T.; Segawa, Y.; Itami, K.
    23rd Symposium of Pysical Organic Chemistry, Kyoto, Japan, September, 2012. (Poster)

Publications

  1. “Controlled Alcohol-Carbonyl Interconversion by Nickel Catalysis”
    Maekawa, T.; Sekizawa, H.; Itami K. Angew. Chem. Int. Ed. 201150, 7022. DOI: 10.1002/anie.201102092
    Highlighted in Synfacts. Highlighted in Org. Proc. Res. Dev.
  2. “C–H Activation Route to Dibenzo[a,e]pentalenes: Annulation of Diarylacetylenes Catalyzed by PdCl2/AgOTf /o-chloranil”
    Maekawa, T.; Segawa, Y.; Itami K. Chem. Sci. 2013, 4, 2369.
    Highlighted in Synfacts. Selected the Synfacts of the month.

Awards
2012 the Best Master Thesis award

Our Member

  1. Maciej Krzeszewski
  2. 朝魯門
  3. Yuanming Li
  4. 宮内 紗久良

    よろしくおねがいします!

  5. 松原 聡志

    時は来た、それだけだ。

  6. 藤木 秀成

    はやく人間になりたい

  7. 川原 巧

    よろしくおねがいします!

  8. 加藤 里佳

    もにかと呼んでください!

  9. 上田 彩果

    よろしくおねがいします!

  10. 奥出 諒

    博士課程進学目指して頑張ります!

  11. 八木 亜樹子

    助教として戻ってきました。好きなものはラーメン。昭和区。

  12. Gregory Perry
  13. Letitia Sarah

    にほんごのプロ

  14. 北野 浩之

    よろしくお願いします。

  15. 榊原 陽太

    好青年

  16. 眞下 恵奈

    M1。飼っているネコの名前はルドルフ。

  17. 川井 一矢

    癒し系

  18. 平賀 大都

    たまに救急車で運ばれます。

  19. 戸谷 充寿

    理農館のスポーツ王

  20. Yip Shu Jan (Alicia)

    M2。マレーシア人。

  21. 松岡 和

    なんでもできるひとになりたい

  22. 林 和佳菜

    最近身長が伸びました。

  23. 鈴木 惇平

    M2。寝てません。年に2回だけ輝けます⚾。今年は楽天が強くてうれしい。

  24. 古賀 義人

    今日より暇な明日はない。

  25. 熊澤 一将

    M1。帰国子女なので英語が堪能。NBAとラーメン大好き。

  26. 伊藤 江里

    のんびりM2

  27. 山田 遼太郎

    もちもちの D1。目指せ脱もちもち!

  28. 矢野 裕太

    D1。理農館5Fでグラフェン矢野リボンの研究をしています。

  29. Guillaume Povie
  30. 伏見 雅子
  31. 山田 柊哉

    ITbM5階 D1 ビールはお薬

  32. 柴田 万織

    触媒反応開発、反応機構解明

  33. 前川 健久
  34. 村上 慧

    特任准教授になりました 

  35. 吉村 柾彦

    D3 ヨシムラクトンの中の人。スイスイスイスイスイスイスーーーイ

  36. 山下 隼

    D2 進撃のやましゅん

  37. 加藤 健太

    汁汁味汁

  38. 大島 豪

    D2 時計ぐるぐるぐるー

  39. 萩原 伸也

    准教授 ソフトボールのピッチャーになるべく練習中

  40. 瀧瀬 瞭介

    D3。最近はジンジャーハイが好き。研究室最後の1年も飲むぞ!

  41. 鈴木 真

    ベンゼン環たくさんくっつけます!

  42. 齋藤 雄太朗

    伊丹研屈指のスラッガー

  43. 伊藤 英人

    講師。アルキンとカメラが大好き。最近カメラ用デシケーターを買いました。伊丹研の綺麗な写真は僕がとってます。

  44. 伊丹健一郎

    教授・ITbM拠点長・伊丹ナノカーボンプロジェクト統括。

PAGE TOP