Member

前川 健久共同研究専任特任助教

Name

Takehisa Maekawa

Research Interest
ラジカル的な何か

Comment
もうおじいちゃんです。でも若人にはまけません!
Go! Ducks!

Recent Presentation

  1. “Organoboron-Based Arylation of Carbonyls and Alcohols by Nickel Catalyst”
    Maekawa, T.; Bouffard, J.; Itami, K.
    The 5th Symposium on Materials Synthesis Joint Project of Chemical Synthesis Core Research Institutions, Kyoto University, Kyoto, Japan, November 18, 2009.
  2. “Organoboron-Based Arylation of Carbonyls and Alcohols by Nickel Catalyst”
    Maekawa, T.; Bouffard, J.; Itami, K.
    The 9th Joint Seminar -University of Münster and Nagoya University-, P8, Nagoya University, Nagoya, Japan, May 25, 2010. (Poster)
  3. “Organoboron-Based Arylation of Carbonyls and Alcohols by Nickel Catalyst” Nagoya
    Maekawa, T.; Bouffard, J.; Itami, K.
    University Global COE in Chemistry 3rd Annual Symposium, P-25, Nagoya University, Nagoya, Japan, June 16, 2010. (Poster)
  4. “Organoboron-Based Arylation of Carbonyls and Alcohols by Nickel Catalyst”
    Maekawa, T.; Sekizawa, H.; Itami, K.
    57th Symposium on Organometallic Chemistry, Chuo University, Tokyo, Japan, September 18, 2010. (Poster)
  5. “One-pot Oxidation/Arylation of Alcohols through Nickel Catalysis”
    Maekawa, T.; Sekizawa, H.; Itami, K.
    The 91th Annual Meeting of the Chemical Society of Japan, Kanagawa, Japan, March, 2011. (Oral)
  6. “Direct Synthesis of Dibenzo[a,e]pentalene via Double C–H bond Cleavage”
    Maekawa, T.; Segawa, Y.; Itami, K.
    Challenges in Organic Chemistry and Chemical Biology (ISACS 7), Edinburgh, UK, June, 2012. (Poster)
  7. “Direct Synthesis of Dibenzo[a,e]pentalene via Double C–H bond Cleavage”
    Maekawa, T.; Segawa, Y.; Itami, K.
    23rd Symposium of Pysical Organic Chemistry, Kyoto, Japan, September, 2012. (Poster)

Publications

  1. “Controlled Alcohol-Carbonyl Interconversion by Nickel Catalysis”
    Maekawa, T.; Sekizawa, H.; Itami K. Angew. Chem. Int. Ed. 201150, 7022. DOI: 10.1002/anie.201102092
    Highlighted in Synfacts. Highlighted in Org. Proc. Res. Dev.
  2. “C–H Activation Route to Dibenzo[a,e]pentalenes: Annulation of Diarylacetylenes Catalyzed by PdCl2/AgOTf /o-chloranil”
    Maekawa, T.; Segawa, Y.; Itami K. Chem. Sci. 2013, 4, 2369.
    Highlighted in Synfacts. Selected the Synfacts of the month.

Awards
2012 the Best Master Thesis award

Our Member

  1. 石田 舜祐
  2. Bui Son Quy
  3. 木下 英代
  4. 天池一真
  5. 城谷 陽子
  6. 山野上 琴乃
  7. 渡辺 二規
  8. 桑山 元伸
  9. 野口 貴代
  10. 植山 唯
  11. 加藤 里香
  12. 山田 圭悟
  13. 鄭 在玹
  14. 渡邊 幸佑
  15. 河野 英也
  16. 前川 海斗
  17. 加藤 江莉佳
  18. 赤上 諒
  19. 三浦 亜季
  20. 三苫 伸彦
  21. 瀬川 泰知
  22. 佐藤 弘規
  23. Greco Gonzalez Miera
  24. 森 元気
  25. Kwan Yin Cheung
  26. 瓜生 瑞穂
  27. 青木 優吾

    伊丹研のリアクション芸人。

  28. 長瀬 真依
  29. 松島 佳保
  30. 前田 文平

    伊丹研の米津玄師

  31. 周戸 大季

    もう梅雨開けたんですか!? やったー!!

  32. 朝魯門
  33. Yuanming Li
  34. 宮内 紗久良

    M2 後ろに注目

  35. 松原 聡志

    時は来た、それだけだ。

  36. 藤木 秀成

    はやく人間になりたい

  37. 川原 巧

    よろしくおねがいします!

  38. 加藤 里佳

    もにかです。さいたま県民になりました。走ってもっと食べる年。

  39. 上田 彩果

    米中心生活

  40. 奥出 諒

    博士課程進学目指して頑張ります!キュバンを愛し、キュバンに愛された男!

  41. 八木 亜樹子

    助教として戻ってきました。好きなものはラーメン。昭和区。

  42. 榊原 陽太

    好青年

  43. 戸谷 充寿

    スポーツ愛

  44. Yip Shu Jan (Alicia)

    D1。マレーシア人。

  45. 松岡 和

    なんでもできるひとになりたい

  46. 山田 遼太郎

    ラストイヤー!!さいたま県人。

  47. 矢野 裕太

    D3。理農館5Fでグラフェン矢野リボンの研究をしています。

  48. 山田 柊哉

    実家は東京な...

  49. 前川 健久
  50. 村上 慧

    特任准教授

  51. 伊藤 英人

    講師から准教授になりました。アルキンとカメラが大好き。

  52. 伊丹健一郎

    教授・ITbM拠点長・伊丹ナノカーボンプロジェクト統括。

PAGE TOP