Member

中室 貴幸

Name
中室 貴幸
Takayuki Nakamuro

E-mail
nakamuro at itbm.nagoya-u.ac.jp

Research Interest

Something new!

Comment

伊丹研に何か爪痕を残すべく、研究に取り組みます。

研究・教育に対する情熱は誰にも負けません!!熱く語れる方、募集中です。

Recent Presentation

■ 国際会議における発表

1)(Poster)○Nakamuro Takayuki, Miura Tomoya, Murakami Masahiro

「Stereoselective Synthesis of Amino-Substituted Silyl Enol Ethers by Rhodium-Catalyzed Reaction of N-Sulfonyl-1,2,3-triazoles with Silanols」
International Symposium on Carbanion Chemistry, Doshisha University, September 24, 2013

2)(Poster)Miura Tomoya, ○Nakamuro Takayuki, Liang Chia-Jung, Murakami Masahiro

「Synthesis of trans-Cycloalkenes via Enantioselective Cyclopropanation and Skeletal Rearrangement」
Coference on C-C Bond Cleavage, Kyoto University, October 25, 2014

3)(Poster)○Nakamuro Takayuki, Miura Tomoya, Murakami Masahiro

「Asymmetric Synthesis and Thermal Rearrangement of Imino-substituted Spiropentanes」
18th IUPAC International Symposium on Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis, Barcelona Spain, June 29, 2015

4)(Poster)○Nakamuro Takayuki

「Synthesis of Enantiopure C3-Symmetric Triangular Molecules」
2017 Reaxys PhD Prize Symposium, Shanghai China, October 19, 2017

■ 国内学会・シンポジウム等における発表

1)(口頭発表)○中室貴幸、平賀健太郎、三浦智也、村上正浩

N-スルホニル-1,2,3-トリアゾールとシラノールの反応によるアミノ置換シリルエノールエーテルの立体選択的合成」、日本化学会第93春季年会、4F5-06、 立命館大学びわこくさつキャンパス、 2013年3月

2)(口頭発表)○中室貴幸、三浦智也、村上正浩

「トリアゾールを経由する末端アルキンの立体選択的1,2-ジアミノ化反応」、日本化学会第94春季年会、3B3-37、名古屋大学東山キャンパス、2014年3月

3)(ポスター発表)○中室貴幸、三浦智也、梁家榮、村上正浩

「末端アルキンとメチレンシクロプロパンから出発する面不斉を有する(E)-シクロオクテンと(E)-シクロノネンのワンポット立体選択的合成」、第61回有機金属化学討論会、P2B-29、九州大学医学部 百年講堂、2014年9月

4)(口頭発表)○中室貴幸、三浦智也、梁家榮、村上正浩

「イミノ置換スピロペンタンの不斉合成とその熱的転位によるトランス-シクロアルケン骨格の構築」、日本化学会第95春季年会、3E5-33、日本大学船橋キャンパス、2015年3月

5)(口頭発表)○中室貴幸、仁木島啓輝、三浦智也、村上正浩

「ロジウム触媒を用いた不斉シクロプロパン化反応によるシクロプロピルメチルアミンの立体選択的合成」、日本化学会第96春季年会、1H7-57、同志社大学京田辺キャンパス、2016年3月

6)(口頭英語発表)○中室貴幸、スコットスチュワート、三浦智也、村上正浩

C3対称性を有する[3]シクロパラフェニレンシクロプロパンの不斉合成」、日本化学会第97春季年会、1D3-49、慶應義塾大学日吉キャンパス、2017年3月

7)(口頭発表)○中室貴幸、石原優実、長田裕也、三浦智也、村上正浩

「Rhodium(II)-Catalyzed Asymmetric Cyclooligomerization of Triazoles Having Vinylaryl Substituents」、第64回有機金属化学討論会、O3-02、東北大学百周年記念会館、2017年9月

8)(口頭英語発表)○中室貴幸

「Transition Metal Catalyzed Synthetic Reactions of Triazoles」、第8回大津会議、びわ湖大津プリンスホテル、2017年10月

9)(口頭発表)○中室貴幸、萩原康平、三浦智也、村上正浩

「NH-テトラゾールとスチレンによる3,5-ジアリール-2-ピラゾリンの不斉合成」、日本化学会第98春季年会、1H2-46、日本大学船橋キャンパス、2018年3月

10)(口頭発表)○中室貴幸

「Synthesis of Chiral Cyclic Molecules Based on Asymmetric Cyclopropanations」、Reaxys PhD Prize シンポジウム、日本大学船橋キャンパス、2018年3月

Publications

  1. Tomoya Miura, Kentaro Hiraga, Tsuneaki Biyajima, Takayuki Nakamuro, and Masahiro Murakami
    Regiocontrolled Synthesis of Polysubstituted Pyrroles Starting from Terminal Alkynes, Sulfonyl Azides, and Allenes
    Organic Letters (American Chemical Society), 15, 3298-3301, 2013; DOI: 1021/ol401340u
    Highlighted in Organic Chemistry Portal.
  2. Tomoya Miura, Takayuki Nakamuro, Kentaro Hiraga, and Masahiro Murakami
    The stereoselective synthesis of a-amino aldols starting from terminal alkynes
    Chemical Communications (Royal Society of Chemistry), 50,10474-10477, 2014;        DOI: 1039/C4CC04786A
    Highlighted in Synfacts, 2014, 10, 1056.
  3. Tomoya Miura, Takayuki Nakamuro, Chia-Jung Liang, and Masahiro Murakami
    Synthesis of trans-Cycloalkenes via Enantioselective Cyclopropanation and Skeletal Rearrangement
    Journal of the American Chemical Society (American Chemical Society), 136, 15905-15908, 2014; DOI: 10.1021/ja5096045
  4. Tomoya Miura, Takayuki Nakamuro, Tsuneaki Biyajima, and Masahiro Murakami
    Synthesis of a,β,γ,δ-Unsaturated Imines from N-Sulfonyl-1,2,3-triazoles and Allenes through Rhodium-Catalyzed Cyclopropanation and Thermal Rearrangement
    Chemistry Letters (The Chemical Society of Japan), 44, 700-702, 2015; DOI: 10.1246/cl.150080
  5. Tomoya Miura, Takayuki Nakamuro, Sho Miyakawa, and Masahiro Murakami
    A syn-selective Aza-aldol Reaction of Boron Aza-enolates Generated from N-Sulfonyl-1,2,3-triazoles and 9-BBN-H
    Angewandte Chemie International Edition (Willey), 55, 8732-8735, 2016; DOI:10.1002/anie.201603270
  6. Tomoya Miura, Takayuki Nakamuro, Hiroki Nikishima, and Masahiro Murakami
    Asymmetric Synthesis of Cyclopropylmethanamines by Rhodium-Catalyzed Cyclopropanation of Pinacol Allylboronate with N-Sulfonyl-1,2,3-triazoles
    Chemistry Letters (The Chemical Society of Japan), 45, 1003-1005, 2016; DOI:10.1246/cl.160465
    Selected as an Editor’s Choice
  7. Nicholas J. Race, Cristiane S. Schwalm, Takayuki Nakamuro, and Matthew S. Sigman Palladium-Catalyzed Enantioselective Intermolecular Coupling of Phenols and Allylic Alcohols
    Journal of the American Chemical Society (American Chemical Society), 138, 15881-15884, 2016; DOI: 10.1021/jacs.6b11486
    Highlighted in C&EN, 2016, 94, 11.
    Highlighted in Synfacts, 2017, 13, 279.
  8. Tomoya Miura, Takayuki Nakamuro, Scott G. Stewart, Yuuya Nagata, and Masahiro Murakami Synthesis of Enantiopure C3-Symmetric Triangular Molecules
    Angewandte Chemie International Edition (Willey), 56, 3334-3338, 2017;           DOI: 10.1002/anie.201612585
  9. Takayuki Nakamuro, Kohei Hagiwara, Tomoya Miura, Masahiro Murakami
    Enantioselective Dinitrogenative Annulation of 1H-Tetrazoles with Styrenes Catalyzed by Rhodium
    Angewandte Chemie International Edition (Willey)
    DOI:10.1002/anie.201801283

Awards

OMCOS 18 Poster Award
The Reaxys PhD Prize Finalist (2017)
CSJ Student Presentation Award (2017)
第8回大津会議フェロー・研究企画賞
第8回育志賞
平成29年度京都大学総長賞

 

Our Member

  1. 中室 貴幸

    声の大きな頼れるお兄さんです。シャカシャカツーブロックです。口癖は「あ〜むろむろしてきたー」

  2. 瓜生 瑞穂

    D1。

  3. 青木 優吾
  4. 長瀬 真依
  5. 牧野 恵利
  6. 松島 佳保
  7. 前田 文平
  8. 周戸 大季
  9. Maciej Krzeszewski
  10. 朝魯門
  11. Yuanming Li
  12. 宮内 紗久良

    M1 今日も元気に

  13. 松原 聡志

    時は来た、それだけだ。

  14. 藤木 秀成

    はやく人間になりたい

  15. 川原 巧

    よろしくおねがいします!

  16. 加藤 里佳

    もにかです。M1です。今年もいっぱい食べます。

  17. 上田 彩果

    米中心生活

  18. 奥出 諒

    博士課程進学目指して頑張ります!

  19. 八木 亜樹子

    助教として戻ってきました。好きなものはラーメン。昭和区。

  20. Gregory Perry
  21. 北野 浩之

    よろしくお願いします。

  22. 榊原 陽太

    好青年

  23. 眞下 恵奈

    M2。飼っているネコの名前はルドルフ。

  24. 川井 一矢

    癒し系

  25. 平賀 大都

    バスケとソフトが得意です

  26. 戸谷 充寿

    スポーツ愛

  27. Yip Shu Jan (Alicia)

    M2。マレーシア人。

  28. 松岡 和

    なんでもできるひとになりたい

  29. 山田 遼太郎

    もちもちのD2 目指せ脱もちもち!

  30. 矢野 裕太

    D2。理農館5Fでグラフェン矢野リボンの研究をしています。

  31. 山田 柊哉

    ITbM5階 D2 ビールはお薬

  32. 前川 健久
  33. 村上 慧

    特任准教授になりました 

  34. 山下 隼

    もうD3です 進撃のやましゅん

  35. 加藤 健太

    汁汁味汁

  36. 大島 豪

    D3 時計ぐーるぐーるぐーる

  37. 伊藤 英人

    講師。アルキンとカメラが大好き。最近カメラ用デシケーターを買いました。伊丹研の綺麗な写真は僕がとってます。

  38. 伊丹健一郎

    教授・ITbM拠点長・伊丹ナノカーボンプロジェクト統括。

PAGE TOP